ACL出場の全北現代は強い?監督や注目選手・スタジアムについても紹介

この記事は約7分で読めます。

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020に出場する「全北現代」

アジアの舞台でJリーグのクラブと対戦することも多い全北現代ですが、

どのようなクラブなのか意外と知らない方も居ると思います。

全北現代ってどんなチーム?

強いの?

監督は誰?

どんな選手がいるの?

今回はこのような疑問について調べてみました。

ACLを見るときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ACLに出場する全北現代とは?

全北現代は1993年に創設されました。

正式名称は「全北現代(チョンブクヒョンデ)モータース」。

クラブは、「完山(ワンサン)ピューマ」という名前で創設されました。

その後、何回かクラブ名を変更して2000年に現在のクラブ名「全北現代モータース」になっています。

クラブ名変更と同時に、エンブレムやマスコットも変更されました。

全北現代のホームタウンは、韓国の南西部にある全州市。

全州市は人口約65万人で、韓国の中で比較的中規模の都市の1つです。

全北現代のクラブカラーは「緑」。

緑より黄緑に見えてしまうのは私だけでしょうか・・・。

全北現代のホームスタジアム

全州ワールドカップ競技場は、赤・青・黄の3原色の配合で表現されています。

青:前週の快適な生活の質
赤:全北道民の熱意
黄:豊かな平和を表現

色だけで見たら信号機ですね。

全州ワールドカップ競技場は扇の形をしており、扇の屋根を支える4本の柱は、「ソッテ」という豊作と村の安全を願う柱を視覚化した物になっています

サッカー専用スタジアムなので、サポーターは迫力のある試合を見ることができます。

屋根があるので、後ろの方の席なら雨に濡れる心配もありません。


やっぱサッカー専用スタジアムっていいですね♪

ちなみに、全州ワールドカップ競技場への行き方は、こちらの方が紹介してくれています。

全州ワールドカップ競技場への行き方
※別のページに飛びます。

スポンサーリンク

全北現代は強い?

全北現代は、Kリーグの過去5年間で4度リーグ優勝をしています。

現時点で韓国最強クラブと言えるでしょう。

優勝を逃した年も、リーグ2位と好成績。

他のクラブを圧倒する強さを見せています。

全北現代のKリーグの成績一覧

順位 勝ち点 得点 失点 得失点差
2015 優勝 73 22 7 9 57 39 +18
2016 2位 67 20 16 2 71 40 +31
2017 優勝 75 22 9 7 73 35 +38
2018 優勝 86 26 8 4 75 31 +44
2019 優勝 79 22 13 3 72 32 +40

2017年からKリーグを3連覇しています。

負け数が少ないですね。

年間3試合しか負けていないというところが、優勝できた要因ではないでしょうか。

また、得点が多く失点が少ない『The 強いチーム』という印象を受けます。

5年間で4度の優勝は素晴らしいの一言!

全北現代のサポーターは、試合を見てて楽しいだろーなー。

全北現代はKリーグでの強さが目立ちますが、ACLも過去に2度優勝(2006年・2016年)しており、アジアでもその強さは健在です。

ACL2020でも、Kリーグで発揮している強さを見せてほしいものです。

全北現代は、ACLでグループHに入りました。

なかなかの強敵揃いです。

ACL2020 グループH

全北現代:Kリーグ1優勝
横浜F・マリノス:J1リーグ優勝
シドニーFC:Aリーググランドファイナル優勝
上海上港:中国超級リーグ3位(プレーオフ勝ち上がり)

横浜・シドニー・上海と各国の有名都市にあるクラブとの対戦が待っています。

3度目のアジア王者に向けて、まずはグループリーグ突破をしてほしいですね!

全北現代の監督:ジョゼ・モライス

全北現代の監督はポルトガル出身のジョゼ・モライス氏。

モライス監督は、1984年にプロデビューして1991年に引退しています。

現役時代は、ポルトガルのクラブでプレーをしていました。

1999年から、ポルトガルクラブの下部組織で指導者のキャリアをスタート。

過去にFCポルトやレアル・マドリード、チェルシーでジョゼ・モウリーニョ監督のアシスタントコーチを務めていました

ジョゼ・モウリーニョの隣にはジョゼ・モライスがいたんですね。

スペシャルワンコーチとでも言われていたのでしょうか。

その後、アフリカやヨーロッパのクラブで監督を歴任。

2014年にサウジアラビアのクラブ「アル・シャバブ」でサウジ・スーパーカップで優勝。

このサウジ・スーパーカップが、監督として獲得した初めてのタイトルになります

全北現代の監督に就任したのは2019年1月。

2005年から2018年までの13年間は、チェ・ガンヒ氏が全北現代の監督を務めていました。

前監督と比較されることも多くなると思いますが、

ヨーロッパやアフリカ・アジアなどの様々なクラブでの経験を活かし、全北現代をさらに強くしてくれることでしょう。

スポンサーリンク

全北現代の注目選手

全北現代の注目選手を少し調べてみました。

試合を見るときの参考にしてみてください。

DF:26 ホン・ジョンホ

国籍:韓国
生年月日:1989年8月12日
身長:186cm
体重:77kg

ホン・ジョンホ選手は、2013年から2016年の4年間、ドイツブンデスリーガでプレーをしていました。

若い頃からその才能は高く評価されていたようですね。

2018年から全北現代に加入。

2019年のKリーグ1に、30試合出場2ゴールという成績。

2019年のKリーグ1ベストイレブンに選出されています。

ポジションは右サイドやセンターバックを主に担当していますが、

ボランチでプレーすることもできるマルチプレーヤーです。

MF:13 キム・ボギョン

国籍:韓国
生年月日:1989年10月6日
身長:178cm
体重:73kg

キム・ボギョン選手は、Jリーグのセレッソ大阪や柏レイソルなどにも在籍していました。

名前を聞いたことがある方もいると思います。

2019年のKリーグ年間MVPを獲得しています。

蔚山現代FCでリーグ戦35試合に出場し13得点を記録。

クラブをKリーグ2位に押し上げる原動力となりました。

ボール奪取能力の高さ、左足から繰り出される正確なキックが特徴。

味方のチャンス時には、ゴール前に顔を出して質の高いシュートでゴールを決めることができる選手です。

【公式】ゴール動画:キム ボギョン(柏)17分 鹿島アントラーズvs柏レイソル 明治安田生命J1リーグ 第17節 2018/7/22

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、ACL2020に出場する全北現代について紹介させていただきました。

Kリーグ王者としてACLに出場する全北現代。

2019年MVPのキム・ボギョン選手が新たに加入して選手層も厚くなりました。

3度目のアジア制覇に向けて、どのような戦いをしてくれるのか、注目して見ていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました