クラブワールドカップの歴代テーマソング・主題歌一覧まとめ!

この記事は約6分で読めます。

2005年から毎年行われているクラブワールドカップ。

年末なるにつれ開催が近づきワクワクしてきますが、大会を盛り上げてくれる中でテーマソングは欠かせないものとなっています。
ダイジェストやハイライトのシーンが流れる時に、無音だと寂しさを感じてしまいますからね!

そこで今回は、クラブワールドカップの歴代テーマソングを一覧にまとめてみました。
参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

クラブワールドカップとは

FIFAクラブワールドカップとは、FIFA(国際サッカー連盟)が主催するクラブチームによるサッカーの世界選手権大会です。

6大陸(ヨーロッパ・南米・アジア・アフリカ・北中米カリブ海・オセアニア)のチャンピオンチーム開催国の計7チームがトーナメント戦を行い、No.1を決める大会です。

クラブワールドカップの歴代テーマソング一覧

スポンサーリンク

クラブワールドカップの歴代テーマソングをご紹介します。
※日本テレビでのテーマソング一覧になります。間違いがあった場合はご指摘ください。

2019年 -『SUPERSTAR / NEWS』

NEWS|SUPERSTAR

2018年 -『SPIRIT / NEWS』

2017年 -『KINGDOM / NEWS』

ベストアーティスト2017 NEWS KINGDOM

2015年・2016年 -『ANTHEM / NEWS』

ANTHEM  NEWS

2013年・2014年 -『SEVEN COLORS / NEWS』

2013 11/27 ベスア NEWS SEVEN COLORS

2012年 -『WORLD QUEST / NEWS』

NEWS Dance in the dark〜恋焼け〜WORLD QUEST
WORLD QUESTは6:57〜
スポンサーリンク

2011年 -『NEVER GIVE UP! / Kylee(カイリー)』

Kylee Saunders sings Never Give Up on the FIFA Club World Cup 2011 Final pre-show

2008年 -『セプテノーヴァ / ゴスペラーズ vs 常田真太郎(from スキマスイッチ)』

GOS 15 セプテノーバ

2007年 -『輝く夜 / CHEMISTRY SUPPORTED BY MONKEY MAJIK』

CHEMISTRY SUPPORTED BY MONKEY MAJIK 『輝く夜』MV

2006年 -『Top Of The World / CHEMISTRY』

CHEMISTRY 『Top of the World』MV

2005年 -『伝説の草原 / CHEMISTRY』

CHEMISTRY ライブ 高画質かも?

アップテンポやミドルテンポの曲ばかりで、サッカーのテーマソングにふさわしいですね♪
聞いていて自然と体が動いたり笑顔になるような曲だと思います。

2005年の第1回から第3回まではCHEMISTRYが歌っていたんですね。

堂珍嘉邦さんはサッカーゲームが大好きらしく、数年前にはファミ通のインタビューでも「FIFA」シリーズが好きだと公言していました。

ちなみに、サッカーの経験は無いそうです(笑)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、クラブワールドカップの歴代テーマソング一覧について紹介させていただきました。

2012年の第9回大会からはNEWSがテーマソングを歌っています。
8年間とは長い・・・。

手越祐也さんは大のサッカー好きで、今でも週に3〜4回はサッカーの練習をしているそうです。

人気者なので仕事の合間をぬって練習しているんでしょうね。

芸能界でもトップクラスの実力を持っているのではないでしょうか。

その他にCHEMISTRYやゴスペラーズなど、歌が上手な歌手の方々もテーマソングを担当されていました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました