スパリゾートハワイアンズの体験記・口コミや感想!予約方法やスケジュールについて紹介

この記事は約7分で読めます。

夏が来ると海やプールに行きたくなりますよね。

お盆前に平日の連休が取れたので、妻が前々から行きたがっていた「スパリゾートハワイアンズ」に行ってきました。

そこで今回は、福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ハワイアンズに行くまでの予約方法とスケジュール

今回は、ハワイアンズのホームページから行く日にちを指定して予約しました。
宿泊の予約をするページはこちらから。

また、無料送迎バスは宿泊とは別で予約をしなければいけないので、宿泊と一緒に無料送迎バス「ハワイアンズエクスプレス」の予約もしました。

無料送迎バスは、ハワイアンズのホテル(ホテルハワイアンズ・ウイルポート・モノリスタワー・クレスト館)を利用する宿泊者専用のバスです。

無料送迎バスの予約はこちらから。

ホテルハワイアンズ「平日限定プラン」で1泊大人1名12,960円でした。

バスでの移動の為、トイレや車酔いなどの心配がありましたが、途中のサービスエリアで適度に休憩を取ってもらえたので、そこまで心配することはありませんでした。

僕たちがスパリゾートハワイアンズに行った時のスケジュールがこちら

【平日限定プラン:ディナーバイキング】
8:30 西船橋駅北口京成バス高速バス待合室集合(宿泊者専用無料送迎バス)
8:45   出発
9:30   松戸到着
10:00 守谷SAで休憩(15分〜20分)
11:45 中郷SAで休憩(15分〜20分)
12:25 ハワイアンズ到着
ハワイアンズを満喫
2日目
10:00 ホテルチェックアウト
11:00 アクアマリンふくしまで昼食
15:15 ホテルハワイアンズ入口集合(宿泊者専用無料送迎バス)
西船橋・松戸経由
15:30 出発
16:30 友部SAで休憩(15分〜20分)
17:30 守谷SAで休憩(15分〜20分)
18:30 松戸到着
19:00 西船橋到着

ホテルハワイアンズに到着

スポンサーリンク

ハワイアンズに到着してフロントで受付をした後、
バンドの生演奏とフラダンスでお出迎えをしていただきました。

バンドの生演奏とフラダンスでお出迎え

部屋には13時から入れました。

アメニティは ムームー・バスタオル・フェイスタオル・歯ブラシ・ハンドソープ。

玄関に館内用のスリッパもありました。

トイレ付きの和室で結構広いですし、風呂はないですが洗面台があるので十分快適です。

トイレ付き和室
洗面台

スポンサーリンク

ハワイアンズ旅行記

ウォーターパークの体験・感想

部屋に荷物を置いて、ウォーターパークに移動。
ハワイアンズを代表する施設で、プールの水に温泉を使用している事でも有名です。

更衣室の中にロッカーがあります。
有料で400円掛かりますが、使い終わると100円戻ってきました。
ボタンを押すと100円が戻ってくるので、それまでは開け閉め自由です。
プール入口に浮き輪の空気入れもありました。
手荷物は小銭と携帯のみで、スリーコインズで購入した防水ケースに入れました。

防水ケース

ハワイのローカルフードや定番ドリンクを楽しめる「アロハタウン」がウォーターパークに隣接しているので、まずは昼食を取ることにしました。
昼食は4種類のチーズが乗っているピザと、ハワイアン風のパイナップルジュース。
ピザに乗っているチーズが少し重く感じましたが、美味しくいただけました。

ピザとパイナップルジュース
ピザとパイナップルジュース

ハワイアンズ館内ではリストバンド決済(要事前購入手続き)のほかに、電子マネーやクレジットカードが使える為、モバイルSuicaで支払いができました!

リストバンド決済の詳細はこちら

プール内にお財布を持ち込むのは邪魔になるので助かりますね。

お腹も満たされたので、いよいよプールへ。

ウォータースライダーの1日券を購入してすぐ遊びたかったですが、15時からの購入じゃないと部屋付けにできませんでした。

それまでは他のプールで遊ぶことに。

15時になり早速ウォータースライダーへ。

「ワンダーブラック」「ワンダーホルン」「ワンダーリバー」が乗れる3種共通1日券を購入しました。

2,300円のところを宿泊者特別割が適用されて1,300円に♪

平日ということもあってか、結構空いていたので終日5分も並ばずに乗れました。

僕と妻のお気に入りが「ワンダーブラック」と「ワンダーリバー」!

ワンダーブラックはスピードもスリルも抜群で、一人乗りと二人乗りが選べるので飽きずにやみつきになってしまいました♪

ワンダーリバーはその名の通り川下りの様なスライダーです。

コースの途中に滝つぼのようなスペースがあり、滝つぼにはまってしまうと必死抜け出そうと僕も妻も大はしゃぎでした。

スライダーに乗り通しだったので、休憩がてら「スプリングパーク」へ移動。
男女一緒に水着で楽しめる屋内スパ「スプリングタウン」では、室内温泉浴槽・オンドル・ジャグジー・打たせ湯・ミストサウナがあります。

プールで冷えた体が暖まりますし、水着のまま男女で入れるのが良いですね。

スプリングパーク

スプリングパークの先に、高低差&滑走距離日本一のウォータースライダー「ビッグアロハ」がありました。

1回券500円を券売機で購入。こちらもモバイルSuicaが使えます。

「ウェーブライン」と「スパイラルライン」の2コースありますが、 係員いわく柄が違うだけらしいです。

乗った感想は、スピードも余り速い訳ではなく長いだけで単調なスライダーでした。

お試しの1回券、正解だったかなと思います。

それからウォーターパークに戻り、ウォータースライダーの営業時間19時までひたすら乗りました♪

夕飯とハワイアンズホテルの大浴場

プールで沢山遊んだ後はディナーバイキング♪

「ザ・パシフィック」にて約40種類の和・洋・中のできたて料理があふれるライブキッチンバイキングを堪能しました。

夕飯を食べた後、館内をプラプラ散歩しながら大露天風呂「江戸情話与市」へ向かいました。

江戸時代の街並みと湯屋をモチーフに、江戸情緒あふれる世界最大の露天風呂です。

シャワーや洗い場は無く、かけ湯とあがり湯があります。

本当に大きな風呂で、 薬草蒸風呂もありとても気持ちよかったです。

露天風呂に入りながら「影芝居」で見ることができるみたいですが、今回は残念ながら時間が合わず見られませんでした。

そして各館にある大浴場でお風呂に入り、
お土産を買いにフロント目の前にある売店「パナパナ」へ。
ハワイの特産品や福島、いわき市の名産品など幅広く揃っていました。
お土産を買った後は、目一杯遊んで疲れたので部屋に戻ってすぐ就寝。

ハワイアンズの帰り

2日目は朝8時頃に起床し、朝食バイキングで腹ごしらえをして10時にチェックアウト。

チェックアウト後も預けられるクロークがあるので、帰りのバスまでプールや温泉などを楽しめます。

僕と妻はプールや温泉に十分満足していたので、ハワイアンズから車で30分程の「アクアマリンふくしま」へ行くことにしました。

ホテルのフロントで、ハワイアンズから乗れる片道800円の乗合タクシー「アクアマリンパーク号」が予約できます。

割引入館券も購入できました♪

アクアマリンふくしまは、魚の他に犬やフェネック、鳥などもいてかなり楽しめました。

色々な体験コーナーもあったのですが、帰りのタクシーの時間を考えて今回はやめておきました。

昼食はアクアマリンふくしまから徒歩10分の所にある 「海鮮みやげ まるふと直売店」の 「バーベキュー 一番屋」にしました。

「いわき・ら・ら・ミュウ」という、いわき市観光物産センターの中にある新鮮魚介類や干物など東北各地の特産加工品が揃う鮮魚店です。

バーベキュー 一番屋
新鮮魚介類や干物

アクアマリンパーク号でハワイアンズへ戻り、「ジェラートショップ マイカイ」で妻の大好きな 「ディッピンドッツ」を食べながら小休止。

ディッピンドッツ

マイカイは館内最大のお土産売場「ハワイアンズマーケット」にあります。

後は帰るだけなので、フロント斜め前にある「Aloha Cafe」でコーヒーを飲みながらのんびりバスを待ちました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズに1泊2日で行ってみての感想をご紹介させていただきました。

ハワイアンズには1年中プールを満喫できる環境があるので、夏だけでなく寒い冬でも楽しむことができます。

気になった方はぜひ行ってみてください。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました