クラブワールドカップ2019出場の開催国代表アル・サッドは強い?監督や注目選手についても

この記事は約6分で読めます。

12月11日に開幕するクラブワールドカップ2019。

世界6大陸のクラブチャンピオンが開催国のカタールに集まり、クラブ世界一を争う大会です。

クラブワールドカップ2019に開催国代表として出場する「アル・サッド」。

このアル・サッドがどのようなクラブなのか、ご存知でない方も居るのではないでしょうか。

今回は、クラブワールドカップ2019に開催国代表として出場する「アル・サッド」について調べてみました。

クラブワールドカップを見るときの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

クラブワールドカップ2019出場のアル・サッドとは?

アル・サッドはカタールの首都「ドーハ」がホームタウンです。

アル・サッドSCが正式名称。

SCは「Sports Club」の頭文字を取っています。

1969年に創設され、今年はクラブ創設50年の記念すべき年ですね♪

アル・サッドが運営しているのはサッカーだけではないんです。

フットサルやハンドボール、バスケットボール、卓球など様々なスポーツを運営している総合スポーツクラブが「アル・サッドSC」になります。

アル・サッドに所属していた選手

アル・サッドは過去に有名な選手が所属していました。
※()内は所属していた年です。

アリ・ダエイ(1996年 ~ 1997年)

ロマーリオ(2003年)

ラウル・ゴンサレス(2012年 ~ 2014年)

Jリーグで活躍した選手もアルサッドに所属していた事があります。

エメルソン(2005年 ~ 2007年, 2008年 ~ 2009年)

グラウ(2008年 ~ 2009年)

レアンドロ(2009年 ~ 2011年,2013年 ~ 2014年)

イ・ジョンス(2010年 ~ 2015年)

サッカーがあまり盛んではないカタールのクラブに移籍した理由は、やはりお金でしょうか。

プロの評価は金ですからね♪

オイルマネーは恐ろしいです・・・。

アル・サッドのホームスタジアム

アル・サッドのホームスタジアムは「ジャシム・ビン・ハマド・スタジアム」

収容人数は15,000人です。

意外と少ないですね。

ジャシム・ビン・ハマド・スタジアムには、スタジアム全体を冷やす事ができる空調システムがあります。

カタールは夏の時期には気温が45℃を超える事があるそうです。

この暑さ対策のために特殊な空調システムを作り、選手が快適にプレーできるような設備を整えました。

また、観客席にも冷房があたるようにして、サポーターが感じる暑さを軽減できるようになっています。

灼熱の中でプレーしたり観戦するのは体に良くないですからね。

このジャシム・ビン・ハマド・スタジアムは、クラブワールドカップ2019の1回戦と2回戦の会場となっています。

クラブワールドカップ2019の試合日程についてはクラブワールドカップ2019はいつから始まる?出場チームやテレビ放送についてもをご覧ください。

アル・サッドは強い?

スポンサーリンク

アル・サッドはカタール・スターズリーグ(カタールのサッカーリーグ)を過去に14回優勝しています。

過去5年間の成績を見ても2位が3回、3位が2回と5年連続でカタール・スターズリーグのトップ3に位置しています。

シーズン 順位 勝ち点 得点 失点 得失点差
2013-14 3位 47 54 30 +24
2014-15 2位 57 68 35 +33
2015-16 3位 47 54 38 +16
2016-17 2位 61 77 23 +54
2017-18 2位 49 68 25 +43
2018-19 優勝 57 100 22 +78

2018-19シーズンは得点を100点取っています。

1シーズン100点て・・・。

トップリーグで3桁取るクラブなんてほとんど見たことが無いですね。

ゲームでも中々取れるもんじゃないですが、それをリアルでやっているアル・サッド。

得点が取れて失点が少ない、非常に強いクラブと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アル・サッドの監督:シャビ・エルナンデス

アル・サッドの監督はシャビ・エルナンデスです。

1980年生まれの39歳。

シャビ監督は現役時代、スペインのメガクラブ「FCバルセロナ」でスペインリーグ優勝8回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝4回など様々なタイトルを獲得しています。

また、スペイン代表でもFIFAワールドカップやUEFA EUROの優勝。

クラブや代表で取れるタイトルはほとんど獲得しており、その中心選手として活躍しました。

史上最高のスペイン人選手と称されています。

アル・サッドには2015年に加入。

2019年5月までアル・サッドの選手としてプレー。

現役を引退後、アル・サッドの監督に就任しています。

アル・サッドの注目選手

アル・サッドの注目選手を調べてみました。

クラブワールドカップ2019を見るときの参考にしてみてください。

FW:11 バグダード・ブーンジャー

アルジェリア代表。

アル・サッドのエースストライカーです。

とにかく点を取りまくる選手で、2014年にチュニジアリーグで14得点をあげて得点王。

カタール・スターズリーグ2018-19では39得点を取り得点王。

クラブワールドカップでも爆発が期待されます。

MF:16 ブーアッラーム・フーヒー

AFCアジアカップ2019決勝の日本戦に出場した実力派MF。

FW : 78 アクラム・アフィーフ

AFCアジアカップ2019決勝の日本戦に出場して1得点。

現在23歳と若いですが、スペインやベルギーなどヨーロッパのクラブでプレー経験があります。

今後飛躍が期待される選手です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、クラブワールドカップ2019に開催国代表として出場する「アル・サッド」について紹介させていただきました

クラブワールドカップでは、2016年の鹿島アントラーズや2018年のアル・アインが決勝に進むなど、開催国の健闘が光っています。

アル・サッドも開催国のアドバンテージを活かして、決勝進出、優勝を狙って欲しいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました