ACL出場の広州恒大は強い?監督や注目選手・スタジアムについても紹介

この記事は約7分で読めます。

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020に出場する「広州恒大」。

Jリーグクラブとの対戦も何度かあるので、名前くらいは聞いたことがあると思います。

しかし、広州恒大がどのようなクラブなのか意外と知らない方も居るのではないでしょうか。

広州恒大って強いの?

監督は誰?

どんな選手がいるの?

スタジアムはでかい?

このような疑問について調べてみました。

ACLを見るときの参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ACLに出場する広州恒大とは?

広州恒大は1954年に創設された、中国で最初の市営フットボールチームです。

正式名称は「広州恒大淘宝足球倶楽部」(こうしゅうこうだい - たおばおそっきゅうくらぶ)。

クラブカラーは「」。

広州恒大というクラブ名になる前に、クラブ名を数回変更しています。

メインスポンサーが変わるたびにクラブ名も変更していたみたいです。

クラブ名がコロコロ変わるので、応援するサポーターもクラブ名を覚えるのが大変でしょう。

何回かクラブ名を変更しましたが、2010年に当時の「広州足球倶楽部」をエバーグランデグループが買収し、現在のクラブ名にやっと落ち着きました。

広州恒大のホームタウンは、中国の「広東省広州市」。

広州市は、北京市や上海市と並んで中国本土の三大都市とされています。

広州恒大のエンブレム

広州恒大のエンブレムは、大きな盾とその上にある王冠で形成されています。

盾には下記の意味が込められているそうです。

・難攻不落
・破壊不能
・非の打ちどころのないこと
・栄光
・強さ
・威厳

王冠は「貴族の地位と王のスタイルの象徴」とのこと。

広州恒大のマスコット

広州恒大のマスコットは「カントンタイガー」。

広州タイガーとも言われています。

カントンタイガーは、活気に満ちたかわいいオーラに包まれています。

頭の形は、広州恒大のエンブレムと火の要素が組み込まれており、クラブの野望である「広州恒大を世界のトップにしよう」という込められているそうです。

マスコット、目が怖いですね。

広州恒大のホームスタジアム

広州恒大のホームスタジアムは「天河体育中心体育場」で、収容人数は最大60,000人。

メインスタジアム以外にも、サブトラックや野球場、体育館、テニスコート、国際プールなどがあります。

体育館では

・バスケットボール
・卓球
・バドミントン

などの国際試合を開催することができるみたいです。

サッカー場というよりスポーツ施設といった感じですね。

陸上トラックがあり、サッカーの試合を見る場合は観客席からピッチが遠く感じます。

スポンサーリンク

広州恒大は強い?

広州恒大は中国サッカー界最強クラブと言えるでしょう。

2011年から2017年まで中国超級リーグを7連覇。

上海上港に関しては、こちらの記事をご覧ください

ACL出場の上海上港は強い?監督や注目選手・スタジアムについても紹介

広州恒大は、中国超級リーグ最多となる8回の優勝を誇ります。

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも好成績を残しており、出場8回のうち5回はベスト8以上という成績。

そして、優勝を2回達成しています。

広州恒大のACLの成績
グループリーグ敗退:1回
ベスト16:1回
ベスト8:3回
ベスト4:1回
優勝:2回

国内・アジア両方で成績を残せているのは立派です。

ヨーロッパで実績のある監督を引っ張ってきたり、質の高い選手を獲得するなど

広州恒大を世界一のクラブにするぞー!

という思いが実を結んだ形になっていますね♪

広州恒大の獲得タイトル一覧

広州恒大は、国内外合わせて18個のタイトルを獲得しています。

◼️国内タイトル
・中国超級リーグ:8回
 2011年 , 2012年 , 2013年 , 2014年 , 2015年 , 2016年 , 2017年 , 2019年

・中国甲級リーグ(中国サッカー2部リーグ):2回
 2007年 , 2010年

・中国FAカップ:2回
 2012年 , 2016年

・中国FAスーパーカップ:4回
 2012年 , 2016年 , 2017年 , 2018年

◼️国際タイトル
・AFCチャンピオンズリーグ:2回
 2013年 , 2015年

スポンサーリンク

広州恒大の監督:ファビオ・カンナヴァーロ

広州恒大の監督はイタリア人のファビオ・カンナヴァーロ氏。

生年月日:1973年9月13日
出身地:ナポリ(イタリア)
身長:176cm
体重:75kg
ポジション:DF

ファビオ・カンナヴァーロの現役時代

カンナヴァーロ氏は、1992年にプロデビューして2011年に現役を引退しています。

現役時代はイタリアの名門「ユヴェントス」や「インテル・ミラノ」。

スペインの「レアル・マドリード」など、サッカーファンでなくても聞いたことがある超有名クラブでプレーをしていました。

2006年にイタリア代表のキャプテンとしてワールドカップに出場。

イタリア代表の優勝に貢献しました。

その年のヨーロッパ年間最優秀選手に送られる「バロンドール」や「FIFA最優秀選手賞」を受賞。

カンナヴァーロ氏は歴代最高のDFとも言われています。

身長が176cmとディフェンスの選手の中では小柄ですが、「DFは身長じゃないよ」と示してくれた選手ですね。

ファビオ・カンナヴァーロの指導者としての経歴

2013年にUAEのクラブ「アル・アハリ」のアシスタントコーチに就任。

アル・アハリで2年過ごした後、2014年11月に広州恒大の監督に就任しました。

しかし就任後、わずか6ヶ月で解任されてしまいます。

その後、サウジアラビアや中国甲級リーグのクラブの監督を歴任。

2017年11月に再び広州恒大の監督に就任しています。

広州恒大の注目選手

広州恒大の注目選手を調べてみました。

MF:7 韦世豪(ウェイ・シハオ)

国籍:中国
生年月日:1995年4月8日
身長:178cm
体重:65kg

韦世豪選手は2014年にポルトガルクラブの「ボアビスタFC」でプロキャリアをスタートします。

その後、2017年に中国の上海上港でプレーし、2018年は北京国安に移籍。

中国のトップクラブでプレーをしています。

2019年に広州恒大に加入。加入後の成績は

25試合出場
11ゴール
6アシスト
※リーグ戦のみ

選手層の厚い広州恒大で1年目からこの成績は、韦世豪選手なかなかやりますね、

いまや広州恒大の中心選手の1人と言えるでしょう。

中国代表チームにも選出されいますし、今後の活躍が楽しみな選手です。

DF:3 梅方(メイ・ファン)

国籍:中国
生年月日:1989年11月14日
身長:184cm
体重:74kg

梅方選手は、2014年に広州恒大に加入。

CB・SBができるユーティリティプレイヤーです。

ポジショニングの良さとスピードが売りのDF。

中国代表でも活躍しており、2019年12月に行われたE-1選手権にも選出されています。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ACL2020に出場する広州恒大について紹介させていただきました。

中国クラブの中で突出した成績を残している広州恒大。

2015年以来のACL制覇に向けて、鬼門となっているJリーグクラブとの対戦に注目したいところです♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました