スポンサーリンク

アロベビーミルクローションの匂いは?使った感想やメリット・デメリットも紹介

赤ちゃんの保湿をするとき、ミルクローションを使いますよね。

ミルクローションには色々種類がありますが、中でもアロベビーミルクローションがいいと評判だったので使ってみました。

このアロベビーミルクローション、匂いはどうなのか?

使ってみてどんな感じなの?

気になりますよね。

今回は、アロベビーミルクローションの匂い、使ってみて感じたデメリット・メリットについて紹介いたします。

参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

アロベビーミルクローションの匂いは?

オーガニック系の匂いに慣れないと臭いです。

ちなみに、オーガニックって何?という方もいると思いますので、参考までにオーガニックとは何かを載せておきます。

■オーガニック

「有機農産物」およびその加工食品のこと。

「有機農産物」とは、農薬や化学肥料を原則として使用せず、堆肥(たいひ)などによって土づくりを行った水田や畑で栽培された農産物がオーガニックと言われています。

 

話をアロベビーミルクローションの匂いに戻します。

子供の肌荒れ予防にもなると聞いたので、1年くらいアロベビーミルクローションを使っていますが、僕はいまだにこの匂いには慣れませんね。

なんか臭く感じちゃうんです・・・。

葉っぱ?草?っぽい匂いがします。

このオーガニック系の匂いは好き嫌いが別れると思います。

なお、妻はアロベビーミルクローションの匂いは好きだって言ってます。

夫婦で見事に意見が分かれましたよ(笑)

アロベビー以外のミルクローションも使いましたが、他のミルクローションの匂いは気にならなかったです。

使ったのは、ピジョンの「ベビーミルクローション」・アトピタ保湿全身ミルキィローションなどです。

アロベビー(オーガニック系)の匂いが気になる方はこちらの方がおすすめです。

アロベビーミルクローションを使った感想【デメリット・メリット】

アロベビーミルクローションを使ってみて感じたデメリットとメリットを紹介します。

デメリット

1.最後まで使いきれない(ポンプが短いから?)

2.市販のミルクローションに比べると高い

3.適量がわかりづらい

4.手に入れづらい(ドラッグストアでは売ってない)

最後まで使いきれない

ポンプが短いからなのか、一番下まで届かず最後まで使い切ることができません。

全部使い切ろうと思って色々やりました。

横に向けたまま置いてボトルの上部に溜めたり、斜めにしたまま置いて。

それでも最後まで出せませんでした。

下に残っているミルクローションを別のボトルに移し替えようと思ってボトルを逆さに傾けましたが、クリームみたいに粘り気があるので中々ボトルの口まで落ちてきてくれません。

ものすごいゆーっくり流れてきたので、ボトルを手で凹ませたりして無理矢理出しましたが、やはり全部は出てきませんでした。

かなり強敵です(笑)

下に残っているミルクローションの入れ替えはしない方がいいですよ、時間がもったいないですからね。

市販のミルクローションに比べると高い

アロベビーミルクローションは、先ほど紹介したピジョンの「ベビーミルクローション」やアトピタ保湿全身ミルキィローションなどの市販品に比べると高いです。

お値段はいくらかというと

※Amazonでの価格になります。価格は購入するお店によって異なるのでご注意ください。

色々なミルクローションが出ていますが、アロベビーの値段はかなり高めに設定されています。

あまりお金を掛けたくないという方は、市販の物をお使いになった方がいいでしょう。

適量がわかりづらい

どれくらい出して肌に塗ればいいかわからないです。

乳液自体は結構伸びます。

1プッシュだと少し少ない気がしますし、2プッシュだと多めに感じます。

多めに出して全体に塗ればいいんですが、最初に塗った箇所から上手に広げないと伸び切らずに白くなってしまい、その白いところが気になっちゃったりしますね。

使用するときは1.5プッシュくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

手に入れづらい(ドラッグストアでは売ってない)

アロベビーミルクローションは、ドラッグストアには売ってないので少し手に入れづらいです。

マツキヨとかくすりの福太郎で買えると助かるんですけどねぇ。

僕はイオンとかドンキホーテで買ってます。

ドンキホーテだと¥4,000で買えたりする時があるのでお得ですが、売り場がわかりづらいのが難点。

メリット

1.保湿が1本で済むから楽→アトピタワセリン使ってた時より楽ってこと

2.伸びがよくコスパがいい(夏とか)

3.大人の肌荒れも治る

4.ボトルのデザインがおしゃれ

保湿が1本で済むから楽

アロベビーミルクローションを使う前は、「アトピタ」を塗った後に「ベビーワセリン(黄色いパッケージのやつ)」を塗ってました。

 

アトピタとベビーワセリンが悪いというわけではないのですが、体全身に2つの塗るっていうのが意外と手間でして。

「もうちょっと短縮できたらなー」と思っていたところ、アロベビーミルクローションがあるというのを妻から聞いて使ってみたらとても楽になりました。(たまにアトピタ→ワセリンの日もあります)

1本でお肌がしっとりしてくれて、しっかり保湿されます。

風呂上がり後の子供の保湿方法に悩んでるお父さんや、ワンオペのお母さんにオススメしたい一品です!

伸びがよくコスパがいい(夏とか)

デメリットで「値段が高い」と言いましたが、正直コスパはいいです。

値段は高いけどコスパはいいってどういうこと?ってなりますよね。

これは↑で少し書きましたが、アトピタとベビーワセリンの併用をするよりもコスパがいいかなということです。

夏は汗だくの状態で保湿をしたりすると思います。

アトピタやベビーワセリンだと汗に負けてしまって、1度塗っただけでは足りずに何回も塗ってしまうことがあります。

ですが、アロベビーミルクローションは伸びや粘り気があり、1回塗ればある程度保湿ができるので使う量が多くならずに済みます。

そういう意味で「コスパがいい」ってことです。

アロベビーいいですよ♪

大人の肌荒れも治る

アロベビーミルクローションは、赤ちゃんだけでなく大人が使っても効果があります。

父と母が何気なく使っていたら、首元や背中の肌荒れが治ったと言っていました。

夏のあせもや冬の乾燥など、大人も保湿が必要な時がありますよね。

アロベビー、こうかはばつぐんです。

子供の保湿のついでに大人も一緒に♪

ボトルのデザインがおしゃれ

これは効果や成分には全く関係ないんですが・・・。

部屋にぽんっと置いてあっても変に悪目立ちしないし、インテリアにも馴染むおしゃれなデザインですよね。

「使う物は見た目も気に入ったものがいい!」という妻も納得のボトルデザイン♪

スポンサーリンク

まとめ:アロベビーミルクローションの匂いに好き嫌いがあります

今回は、アロベビーミルクローションの匂い・使った感想、メリット・デメリットについて紹介いたしました。

草や葉っぱのようなオーガニック系の匂いがしますが、好きな人には病みつきになる匂いでしょう。

また、デメリットは

・最後まで使いきれない(ポンプが短いから?)
・市販のミルクローションに比べると高い
・適量がわかりづらい
・手に入れづらい(ドラッグストアでは売ってない)

メリットは

・保湿が1本で済むから楽→アトピタワセリン使ってた時より楽ってこと
・伸びがよくコスパがいい(夏とか)
・大人の肌荒れも治る
・ボトルのデザインがおしゃれ

です。

アロベビーミルクローションは安心して保湿をしたい方や、肌荒れの予防対策。
大人にも効果がある優れものになっているのでオススメです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

子育て美容
スポンサーリンク
シェアをしていただけると嬉しいです^^
アラフォー奮闘記
タイトルとURLをコピーしました