スポンサーリンク

Jリーグの歴代チェアマンを画像付きで一覧まとめ!決め方や任期についても

たまに目にする「Jリーグチェアマン」

このチェアマンが何をする人なのか疑問を持たれた方も居るかと思います。

チェアマンの決め方は?

任期はどれくらい?

誰がチェアマンをやったことがあるの?

などなど・・・。

そこで今回は、Jリーグのチェアマンについて調べてみました。

スポンサーリンク

Jリーグのチェアマンとは

Jリーグのチェアマンは、Jリーグの代表者であり理事長です。

総会や理事会の議長・役員の選任・収支予算の作成や、

Jリーグのクラブが問題を起こした際に、指導や裁定を行います。

とりあえず、ここには書ききれないくらい様々なことをするのがチェアマンです。

定款やJリーグの規約、理事会規程その他いろいろな資料に目を通しましたが、

「チェアマン」という単語が無数に飛び交っています。

仕事量も多そうですし、様々な決定権があるところをみると、

JリーグのTOP OF TOPに君臨するのが

Jリーグチェアマンといえるのではないでしょうか。

余談ですが、チェアマン = chairman と書くため

椅子男と呼ばれることもあります。

Jリーグチェアマンの決め方

こちらの動画でJリーグ副理事長の原博美さんが、

Jリーグチェアマンの決め方について説明してくれています。

動画では、2020年にチェアマンに再任した村井さんが

どのようにしてJリーグチェアマンに内定したか、

その決め方についてお話をしてくださっています。

プロセスに関して、動画の内容をざっくりまとめました。

チェアマンを決めるプロセス

1.Jリーグのあるべき姿や課題に対して
執行理事4名にインタビュー

2.Jリーグ職員・Jクラブ・JFA関係者・選手など20名に対してインタビュー
目的は「業務執行理事に求められる人材要件を確定させるため」

3.話を聞いている中で4つの要件が出た
①コンピテンシー(経営者として成功する経営パターン)
②経験
③性格特性
④動機

4.50名のリストから10名に絞られ、
その10名1人1人に対して2~3時間インタビューして推薦者が決定

以上のプロセスを経て、村井氏が2020年からのJリーグチェアマンに

再度内定したということになります。

ちなみに、今までの選考と違っている点は、

チェアマンの選考プロセスには、Jリーグの執行部が一切入っていない

ということです。

※動画の7:20あたりから、プロセスの説明が始まります。

スポンサーリンク

Jリーグチェアマンの任期

理事会規程の第4条に、役員(チェアマン)の任期が記載されています。

第4条〔役員の選任・任期等〕
(1) 理事および監事を役員といい、役員は総会において選任する。なお、役員候補者の選考手続
きは、理事会が別途定める「役員候補者選考委員会規程」によるものとする。
(2)理事会が理事の選任議案を総会に付議するにあたり、理事長(以下「チェアマン」という。)
の候補者を指定した場合には、招集通知にその旨を記載する。
(3) 役員は、就任する年の4月 1 日現在で、満 65 歳未満でなければならない。
(4) 役員の任期は、定款第 25 条に定めるとおりとし、再任を妨げない。ただし、チェアマンの任
期は通算4期までとする。
(5) 第 21 条の規定にかかわらず、前4項の変更は、理事会の決議のほか、総会の承認に基づきこ
れを行うものとする。

Jリーグの理事会規程

(4)に「役員の任期は定款第25条に定める」とありましたので、

定款(ていかん)の第25条を探してみました。

第 25 条〔役員の任期〕
(1) 理事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時社員総会
の終結の時までとする。ただし、再任を妨げない。
(2) 監事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時社員総会
の終結の時までとする。ただし、再任を妨げない。
(3) 補欠として選任された理事または監事の任期は、前任者の任期の満了する時までとする。
(4) 増員により選任された理事の任期は、他の理事の任期の残存期間と同一とする。
(5) 理事または監事は、第 21 条第1項に定める定数に足りなくなるときは、任期の満了または辞
任により退任した後も、新たに選任された者が就任するまで、なお理事または監事としての
権利義務を有する。

Jリーグの定款より

チェアマンの任期や年齢は以下の規定があるようです。

任期:1期2年・通算4期まで
年齢:就任する年の4月1日時点で満65歳未満

現在は、チェアマンの任期は最大で8年までとなっているんですね。


Jリーグの歴代チェアマン

Jリーグの歴代チェアマンを見ていきましょう♪

初代:川淵三郎(かわぶち さぶろう)

生年月日 1936年12月3日
在任期間 1991年 - 2002年
略歴 元日本代表選手・元 古河電気工業サッカー部監督

 

 

2代目:鈴木昌(すずき まさる)

生年月日 1935年12月15日
在任期間 2002年 - 2006年
略歴 元鹿島アントラーズ代表取締役社長

 

 

3代目:鬼武健二(おにたけ けんじ)

生年月日 1939年9月19日
在任期間 2006年 - 2010年
略歴 元セレッソ大阪社長・元ヤンマーディーゼルサッカー部監督

 

 

スポンサーリンク

4代目:大東 和美(おおひがし かずみ)

生年月日 1948年10月22日
在任期間 2010年 - 2014年
略歴 元鹿島アントラーズ代表取締役社長・元ラグビー日本代表選手

 

 

5代目:村井満(むらい みつる)

生年月日 1959年8月2日
在任期間 2014年 - 2022年3月
略歴 元リクルートエージェント代表取締役社長・浦和高校時代はゴールキーパー

 

6代目:野々村芳和(ののむら よしかづ)

生年月日 1972年5月8日
在任期間 2022年3月 - 現在
略歴 ジェフ市原やコンサドーレ札幌で活躍。コンサドーレの元会長。

 

歴代のチェアマン一覧でした。

初代の川渕さんと5代目の村井さん以外は、

Jリーグクラブの社長経験者がチェアマンに就任しているんですね。

元居たクラブを優遇したり特別扱いすると、批判もあるでしょうから

その辺のさじ加減は難しかったでしょうね。

2022年3月15日に、野々村芳和さんが6代目のチェアマンに就任されました(パチパチパチパチ

初の元Jリーガーチェアマンとなります。

元選手として、クラブの会長としてなど、いろいろな目線でJリーグを改革していってほしいですね♪

スポンサーリンク

まとめ

今回は、Jリーグの歴代チェアマンを紹介させていただきました。

まとめると、

・チェアマンはJリーグの理事長、TOP OF TOP
・任期は1期2年・通算4期まで
・年齢は就任する年の4月1日時点で満65歳未満
・今までチェアマンに就任したのは6人

最後まで読んでいただきありがとうございました。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー情報へ
タイトルとURLをコピーしました