銀魂の実写映画はつまらない?ひどい駄作という酷評など評価・感想をまとめ!

この記事は約7分で読めます。

銀魂は2004年から週刊少年ジャンプで連載され、累計発行部数5,500万部超を誇る人気漫画ですね。

色々な漫画やドラマのパロディ作品を作中に入れる事でも有名です。
実写映画の第一弾は2017年に公開され、人気漫画の実写化に豪華キャストが出演するという事で話題にもなりました。

この映画『銀魂』は面白いのか、つまらないのか。

今回は、映画『銀魂』の評価や感想・口コミについて調べてみました。

参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

映画「銀魂」とは

原作の人気シリーズの1つ「紅桜篇」と「カブト狩り」をベースに実写化した作品

監督は、勇者ヨシヒコシリーズで有名な福田雄一さん。
小栗旬さんが主役の「坂田銀時」役を演じ、その他にも菅田将暉さんや橋本環奈さん、ジャニーズから堂本剛さんが参戦という事で話題にもなりました。

映画「銀魂」が面白いと感じる人はこんな人

銀魂の映画が面白かったという感想・口コミや評価などをまとめてみました。

キャラクターの再現度が高くて面白い

出演者がまたハマり役ばかりでよく出来ている。
コメディだけに笑いが出てかなり面白かった。

俳優さんたちと原作キャラのシンクロ率が高い作品と思います。
シリーズ化して欲しい!

原作は知らなかったのですが、見て面白かったです。
後から漫画を見ると、役者とキャラが非常にあっており2度楽しめた感じでした。

原作に忠実で面白い

原作ファンとして、一番期待していた新八の菅田君が自分の中でハマりすぎて、始まった直後から銀魂ワールドに引き込まれました!

漫画での際どい表現も見ごとに再現されてて、映画館でも声に出しての笑いが起こるくらい!
後半の笑いの追い討ちからの激しいアクションシーンであっという間にラストまで走りきっていました!
キャストもみんなピッタリで本当はもっと見たかった~

テンポが良くてギャグも面白い

元々福田監督作品のファンで今回も期待していました。
原作とピッタリのキャストさんで、笑いもありテンポもよく観てて飽きない映画です。
本当におもしろかった!笑った!

映画館でこんなに笑ったのは久しぶりです!絶妙なところを突いてきて本当に笑えました。
キャストの皆さんもぶっ飛んでて最高です!

本当気楽に観れる。感動ものかと思いきや最後までしっかりふざけきる、さすが銀魂。
みんなが知ってるいわゆる共通ネタみたいなのも面白かった。
個人的にはアルピー酒井さんが出てきた時にテンション上がった。知らなかったからまさかすぎた。

豪華キャストやキャラクターの再現度はかなり好評ですね!
キャラクターの再現度に関しては、一部の原作ファンをもうならせる配役のようです。

美男美女が勢ぞろいのキャストですが、銀魂のギャグを振り切った演技で忠実に再現されているところが好感度も高まり、高評価につながったようです。

スポンサーリンク

映画「銀魂」がつまらない・ひどいし駄作と感じる人はこんな人

銀魂の映画がつまらなかったという感想・口コミや評価などをまとめてみました。

ストーリーが物足りなくてつまらない

これ子どもが観たらきっと喜ぶのでしょうね。
ギャグ満載なのは面白いのでいいのですが、いかんせんストーリーがまるでつまらないので大人にはちょっと物足りないのでは?

キャスティングいいのに途中寝た。勢いはあるんだけど滑ってる感が否めない。
銀魂は紅桜篇以外も面白いから違うエピソードの方が良かったかもな〜〜´д` ;

ギャグのスベり方がひどい

ギャグパートがダラダラと長い。原作の面白さはツッコミありきで成り立っている。
もう少しスピーディにまとめて欲しかった。吉沢亮と長澤まさみ観られたのは良かった。

ギャグ要素を無理して入れすぎなのかなぁ?違和感が半端なかったです。
映像もCGも、なんかちゃちい。衣装も学芸会の衣装みたい…。
というか銀さんのかっこよさが全く出てない気が…。小栗旬さんには小栗旬之助やってほしかったなぁ。

高杉晋助役の堂本剛がひどい

高杉が1番酷かった。クールぶっておけばいいわけじゃない。色気もない。
攘夷戦争の時声にやる気なさすぎて戦ってんのかこいつと思った。
あんな高杉じゃ誰もついて行こうと思わないでしょ…

私は銀魂で特に好きなのが高杉晋助です。堂本剛さん…ごめんなさい、高杉には見えなかったです。
高杉の醸し出しているヤバい奴感…大物感というものが彼にはなかったし、せめて常に薄ら笑いを浮かべておいてくれないかなと思ったのですが叶わず。

原作と違いすぎてつまらない

アニメ、原作ファンです。
キャラクターの良さが全然出ていませんでした。
私の好きな土方さんは特にひどかったです。汚された感じがしてショックでした。

アニメ、原作は全て見てます。
普段チャランポランな銀さんも神楽や新八、仲間を護る為なら、真っ先に戦いに行く。
この映画の銀さんは、神楽や新八、仲間の安否がわからない中、
いらないギャグを挟み、「楽して勝ちたい」と言い放ちました。
監督は原作を読んだのでしょうか?
ただこの作品は、「銀魂」とは思えないです。残念。

「まとまりがなくつまらない」と思った人が多いようです。

銀魂はギャグとシリアスどちらも楽しめる漫画ですが、今作ではそのバランスが悪かったのか、全体的に中途半端で少し退屈に感じてしまった人もいるみたいです。
「ギャグが寒い・長い」や「ストーリーが物足りない」といった感想がかなり多く見られました。

キャストに関してもほとんどの役者さんが酷評されていました。
中でもひどいと言われていたのが高杉晋助役の堂本剛さんです。
「声が小さくて聞こえない」「やる気のなさに腹が立つ」など、原作キャラとの違いに辟易している方が多かったみたいです。

また、映像やCGが「安っぽい」「雑」という感想も多い印象です。面白いと感じた人にもそこを指摘している人は結構いましたね。
「勇者ヨシヒコっぽい」という人もちらほらいたので、福田監督らしさがそう感じさせてしまったのでしょうか。

映画「銀魂」を観ての感想

僕は銀魂のこのシリーズ(紅桜編)は原作もアニメも観たことがありませんでしたが、結構面白かったです。

ギャグ自体はそこまで面白いというのはありませんでしたが、キャストの方がそれを全力でやっているところを観ていると笑えてきましたね。

役者さんの恥ずかしがらずに堂々と出来るところがすごいと思います。
自分だったら照れて出来ないと思うし。
衣装とかもコスプレしてるようなもんですからね。

バトルシーンも意外と迫力があったと思います。
所々「戦い長いな、早く次に行けよ」と思う箇所はありましたけど、全体的に観ればよく出来ているかなと。
CGに関してはもう少し頑張って欲しかったかな(笑)

ただ、映画を観終わっても銀魂がギャグがメインなのか、戦いがメインなのかが分からなかったです。
そこは原作を見て勉強します!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『銀魂』の評判、感想・口コミをご紹介させていただきました。

口コミ・感想をまとめると、

『面白い』という方は
・キャラクターの再現度が高くて面白い
・原作に忠実で面白い
・テンポが良くてギャグも面白い

『つまらない・ひどい』という方は
・ストーリーが物足りなくてつまらない
・ギャグのスベり方がひどい

・高杉晋助役の堂本剛がひどい
・原作と違いすぎてつまらない

というような感想でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました