アルキメデスの大戦の映画は面白い?つまらないし微妙という感想・口コミをまとめ!

この記事は約6分で読めます。

最近、自宅でDVD鑑賞ばかりしていて、映画館で映画を観る事が少なかったので、久しぶりに映画を観に映画館まで行きました。

今回観てきた映画はアルキメデスの大戦です!

原作は読んだ事がなかったのですが、予告を観て面白そうでしたし、何より僕の好きな菅田将暉さんが主演という事で観る事にしました。

今回は、映画「アルキメデスの大戦」の評判、作品を観ての感想口コミをご紹介させて頂きたいと思います。

映画「アルキメデスの大戦」は面白い?

それとも、つまらない?

今作品を観る時の参考にしてみてください♪

スポンサーリンク

映画「アルキメデスの大戦」のあらすじ

これは、帝国海軍という巨大な権力に立ち向かい、
数学で戦争を止めようとした男の物語。 

 
1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。
海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。

「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ、海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造が如何に国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。
しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。

必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者・・・。
山本が目を付けたのは、100年に一人の天才といわれる元帝國大学の数学者・櫂直(かいただし)。
ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。

頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。
「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」 
・・・この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。

天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、【大和】・・・。
(HPより抜粋)

https://archimedes-movie.jp/about/story.html

『アルキメデスの大戦』の原作は、三田紀房さんによる「ヤングマガジン」で連載中のマンガです。
1930年代の日本が舞台で、大日本帝国海軍における若き天才数学者の活躍を描く物語です。

菅田将暉 (主演), 山崎貴 (監督)
スポンサーリンク

映画「アルキメデスの大戦」評判と口コミ

映画「アルキメデスの大戦」の評判と口コミをまとめてみました。

面白かった派の方の意見・感想まとめ

◾️フィクション映画と解っていながら、過去に本当にあった事実と思える程のストーリーに仕上がっていた印象。

「戦艦大和」が作られた意味が奥深い。

観賞後、誰もが冒頭のシーンを思い出すはず。このシーンを最後に見させられたら号泣は必至😭

◾️これは面白い。戦艦大和の行く末を知っている者としては、絶対に造られる大和の製造阻止の映画ではチョット??的な思いもあったが、見て良かった。

戦前の日本の空気がよく伝わってきた。まさに今の時代に見なくてはならない映画です。

◾️『アルキメデスの大戦』面白かった!菅田将暉演じる櫂直、見れば見るほど変人というより人間らしく感じる。

どちらが欠けても成り立たない理と情の激しいぶつかり合いが凄い!冒頭の黒煙が立ち上るシーン、観終わってからとても重くのしかかる。

面白かったという方の意見をまとめるとこのような感想でした。
冒頭のシーンは皆さん印象に残っているようですね。作品自体のクオリティも高く評価されています。

原作の漫画を読んでいる方も読んでいない方も楽しめる作品だったという感想が多数上がっていました。

微妙・つまらなかった派の意見・感想まとめ

◾️映画としての評価は、平和ボケの制作者がひねくり回して作った新解釈の戦争映画。

時代的背景も無視で当時の緊張感は伝わってこない

◾️特に盛り上がる場面はなく、平坦な映画だな という印象でした。

◾️漫画の方がもう少し時間の流れがゆっくり感じられるので、1つ1つの展開の意味が理解しやすく、スリリングさが際立っていた気がします。

低評価の方はそれほどいらっしゃらなかったのですが、
感想を読んでいるとこのような辛口意見の方もいらっしゃいました。

盛り上がりがなく面白みに欠けるといった評価や、高評価の方とは逆に原作との違いに不満のある方もいらっしゃいましたね。

スポンサーリンク

アルキメデスの大戦を観た個人的な感想

「アルキメデスの大戦」を観ての僕の感想は、辛口で低評価の方もいらっしゃいましたが
個人的には面白い作品だったと思います。

緊張感がありましたし、時折笑わせてくれるシーンなどもあったりしましたし。

序盤にある航空母艦と巨大戦艦大和のどちらを作るかの話し合いのシーンは、緊張感タップリでした。ベテラン俳優さんたちのシーンって、色々と勉強させられる事が多いんですよね。
佇まいや立ち振る舞い、落ち着きがあるというか・・・。

それと主演の菅田将暉さんはやっぱり演技が上手ですね。
まだ若いのに、ベテラン俳優さんの中に居ても自分を出せるというのはすごいと思います。

映画終盤の数式を黒板に書きながら説明するシーンは圧巻でした!
かなり長いセリフとかありましたけど、どうやって覚えているんだろうとか思って観ていました。

そんな菅田さんでも、今回の櫂直の役は苦労したみたいですね。

菅田にとっては、櫂直はなかなか苦労する役だったらしい。「感情表現で精神を追い詰めたこともあるし、肉体表現で体を追い詰めたこともありますけど、ここまで脳みその限界に挑んだのは初めてでした。自分のキャパを知りました」と天才数学者を演じる難しさを明かした。山崎監督いわく、数式を一気に板書しながらセリフを言ったり、複雑な図面を描いたり、「かなり負荷をかけた」とのこと。その上で、「ちゃんと真摯(しんし)に応えてくれる」と菅田を称賛した。

https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/634793/
映画「アルキメデスの大戦」の主要キャストに関しては、こちらの記事に掲載しています。

アルキメデスの大戦の映画キャスト・出演者一覧まとめ!相関図付きで関係も解説

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は映画『アルキメデスの大戦』の評判、作品を観ての感想口コミをご紹介させていただきました。
若手・ベテラン両方の役者さんがそれぞれ個性を出されているとても素晴らしい映画だと思います。

気になった方はぜひ観てみてください!

菅田将暉 (主演), 山崎貴 (監督)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました