スポンサーリンク

映画「名探偵コナンハロウィンの花嫁」のネタバレ感想!あらすじについても

この記事は約6分で読めます。

名探偵コナンの劇場版最新作「ハロウィンの花嫁」が2022年4月15日に公開されました。

ゴールデンウィーク前はコナンの季節ですねー。

今作「ハロウィンの花嫁」は安室透の警察学校時代の同期と、

佐藤刑事・高木刑事がメインのストーリーになります。

また爆破かよ!っていう若干の不安はありますが・・・。

歴代コナン映画の中でも人気が高い「ゼロの執行人」以来の

コナンと安室のコンビが復活♪

また、ゲスト声優である白石麻衣さんの演技やキャラクターが

どんな仕上がりなのかも気になるポイントです。

ということで、映画「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」を観た感想をパパっと書いてみました。

作品を観る時の参考にしてみてください♪

※この記事はネタバレを含みます。未視聴の方はご注意ください。

青山 剛昌 (原著), 新井 隆広 (イラスト)





スポンサーリンク

ハロウィンの花嫁のあらすじ

佐藤刑事と高木刑事の結婚式に武器を持った男達に襲撃され、

高木刑事は負傷してしまいます。

しかし本当は無傷で、血はペイントでした。

これは目暮警部の同期の結婚式を想定した訓練だったのです。

後日、警視庁の前で通りすがりの男のタブレットが爆発し、

爆発に巻き込まれた灰原をかばった小五郎は負傷し入院してしまいます。

その男は3年前に殉職した松田刑事の名刺を持っていました

捜査一課に配属されてから1週間で殉職してしまった松田刑事の名刺を

いつどこで手に入れたのか――。

その頃、安室は脱走した連続爆破事件の犯人を追っていました。

追跡中に爆発に巻き込まれ、何者かに首輪爆弾をつけられてしまいます

公安の地下シェルターに隔離された安室は、コナンを呼び出します。

そこでコナンは、安室に3年前に同期と遭遇した事件の話を聞きます。

その時に松田刑事が止めた爆弾と安室の首輪爆弾、

そして警視庁前で爆発した爆弾が同じ作りであることが分かり、

コナンは安室の代わりに捜査することに・・・。



ハロウィンの花嫁のキャスト一覧はこちらの記事で紹介しています。



ハロウィンの花嫁を観た感想

※この感想はネタバレを含みます。未視聴の方はご注意ください。

コナンがチートすぎて、あれが推理なの!?感は否めない。

けど爆破に頼りすぎてないし、結構面白かった!

ただ、コナンの映画はとりあえずスケールでかくして爆発したら

あとはアガサ博士の発明品頼みになりがちな気がする。

今回も例のごとくサッカーボールが大活躍。

そうは言っても博士の発明品はコナンが使うからこそ活かせるし、

発想が面白いから実は楽しみにしてるところだけど。

今回は、何よりも松田刑事がかっこよかったー!

同期4人が協力してプラーニャを追うシーンは爽快だった、もう一度見たい。

安室の「逃がさないよ」も好き。

実際にそこに萩原研二はいないけど、

爆弾を止めるのに過去の萩原からヒントを得ているから

もはや同期5人で解決したも同然!!

しかも小さい頃のコナン(新一)もその場にいて、

コナンも同じ出来事をヒントにするっていうのは胸熱な展開だったー。

警察学校編のアニメ見逃したの激しく後悔・・・。

同期5人のキャラとか絆とかを理解した上で観たら、

より一層盛り上がったシーンのはず!

驚いたのは白石麻衣の声優!よかった!

ゲスト声優はあまり期待してなかったけど、意外にしっくり。

感情移入できるキャラクターだったのが大きい。

コナンが復讐を止めるシーンはジーンときたな・・・。

復讐のために悪事に手を染めて、すべての力を注いできた割に

結構簡単に説得できるんだなーとは思ったけど。

それと、蘭は今作も出番少なめ。

コナンの無双モードも安くなったもんだ。

スポンサーリンク

最後に

4DX上映もしてたんですけど、今回は無難に2Dにしました。

売店の店員さんが4DXか確認していて、

「けっこ揺れるんでポップコーン気を付けてくださいね。」

なんて言ってましたけどどんな感じなんですかね、ちょっと気になる。

そして、来年のゴールデンウィークも楽しみですね!

来年の映画のお知らせで、

ジンが「会いたかったぜ シェリー」って言ってました。

こちらこそ待ってたよ!?って感じですけど・・・!

毎年は見ないけど来年は観るって人も多そうですね♪

以上、「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」の感想でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

青山 剛昌 (原著), 新井 隆広 (イラスト)





映画アニメ
スポンサーリンク
シェアをしていただけると嬉しいです^^
アラフォー奮闘記
タイトルとURLをコピーしました