ツエーゲン金沢の年度別チーム得点王を一覧でまとめ

この記事は約6分で読めます。
1993年にJリーグが開幕してから2019年で27年目のシーズンになります。

27年間で色々な選手がリーグ得点王を獲得しています。

大久保嘉人やレアンドロ、ピーターウタカなど個性的な選手が得点王を獲得した事もありました。

歴代のJリーグ得点王はJリーグのホームページを見ればわかるね。
だけど、チーム別の得点王は載ってないなー・・・。

このような疑問をお持ちの方もいると思います。

そこで今回は、石川県のJリーグクラブ「ツエーゲン金沢」の年度別チーム内得点王について調べてみました。
 
参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ツエーゲン金沢とは

ツエーゲン金沢はJ2に所属しているクラブです。

ツエーゲン金沢は、石川県金沢市・野々市市(ののいちし)・かほく市・津幡町・内灘町中心に石川県全域をホームタウンとしています。

2013年にJリーグに入会、翌2014年からJ3リーグに参加しています。

ツエーゲン金沢の「ツエーゲン」は『チームとサポーターが一緒になって進んでいく』という意味があります。

ドイツ語で数字の「2」という意味のツヴァイと、ドイツ語で「進む」という意味のゲーエン
この2つの単語の組み合わせで成り立っています。

また、ツヴァイ&ゲーエンの他に

金沢弁で「強いんだっ!」の「つえーげん!」という言葉も含まれています。

ツエーゲン金沢の年度別チーム得点王一覧

スポンサーリンク

ツエーゲン金沢の年度別チーム得点王を一覧にまとめてみました。
※間違いがあった場合はご指摘ください。

 

年度 チーム得点王 得点数
2018年 垣田 裕輝・マラニョン 9得点
2017年 佐藤 洸一 16得点
2016年 山崎 雅人 7得点
2015年 清原 翔平 13得点
2014年 清原 翔平 9得点

 

垣田 裕輝:2018年

 

年度 得点数
2018年 9得点

 

垣田選手は鹿島アントラーズの下部組織出身です。

1997年生まれでポジションはFW。

187cmという長身を活かしたヘディングが強いです。
足元の技術も非常に高く、スピードもあります。

頭・足のどちらでも点を取れる万能型のFWといえるのではないでしょうか。

また、自ら得点を取るだけではなく、味方のゴールをアシストするパスのセンスもあります。

垣田選手のお父さん、垣田健さんは住友金属でサッカー選手としてプレーをしていました。
親子2代でサッカー選手なんですね♪

垣田選手のインスタグラムはこちら

マラニョン:2018年

 

年度 得点数
2018年 9得点

 

マラニョン選手はブラジル出身です。
本名はロドリゴ・メネセス・キンタニーリャ。

ポジションはFWです。

2018年に、タイの「スコータイFC」からツエーゲン金沢に移籍しました。
ツエーゲン金沢に加入後、31試合に出場し9ゴールを挙げる活躍をみせます。

2019年からは韓国の「富川FC1995」(Bucheon 1995)に移籍した為、ツエーゲン金沢では1年間しかプレーしていませんが、1年で結果を残せるあたり能力の高さをうかがえます。

尚、富川FC1995との契約は7月4日に解除されたようです。

佐藤 洸一:2017年

 

年度 得点数
2017年 16得点

 

佐藤選手は三重県四日市市の出身です。

ポジションはFW。

184cmと長身ですが足元の技術が高く、頭より足で得点を取っている印象が強いですね。

佐藤選手は、V・ファーレン長崎時代の2013年と2014年にも2年連続でチーム内得点王を獲得しています。
2018年までにJ2で89ゴールをマークしており、100ゴールの大台も目前に迫っています。

2019年からはヴァンフォーレ甲府でプレー。
なかなか出場機会を得られず、2019年は第38節を終えて4ゴールと少し物足りない成績になっています。

山崎 雅人:2016年

 

年度 得点数
2016年 7得点

 

山崎雅人さんは京都府京都市出身です。

ポジションはFW。

2005年の夏季ユニバーシアードで5得点の活躍。
チーム得点王と日本の金メダル獲得の立役者となりました。

プロになってからも、横浜F・マリノス、大分トリニータ、ガンバ大阪やサンフレッチェ広島などのJ1強豪クラブを渡り歩き、J1優勝やACL優勝など、クラブのタイトル獲得に貢献しています

大学時代からサッカーエリートとしてJリーグを引っ張ってきた1人ではないでしょうか。

2018年12月に引退を表明しており、現在は大分トリニータのスタッフとなっています。

山崎さん、サンフレッチェ広島の野津田選手に似てますね(笑)

清原 翔平:2014年・2015年

 

年度 得点数
2014年 9得点
2015年 13得点

 

清原選手は北海道帯広市出身です。

札幌大学を卒業後、JFLのSAGAWA SHIGA FCを経て、ツエーゲン金沢に入団しました。

積極果敢なドリブルを武器に、相手ディフェンス陣を混乱におとし入れます。

清原選手自らがゴールするだけではなく、味方ゴールをアシストするシーンも数多くありますね。

ツエーゲン金沢を代表するプレーヤーでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

・ツエーゲン金沢の「ツエーゲン」はドイツ語のツヴァイ(数字の2)とゲーエン(進む)の2つの単語から成り立っている

・金沢弁で「つえーげん!」は「強いんだっ!」という意味になる

・ツエーゲン金沢のチーム内得点王は2018年までに現在5人おり、清原翔平選手以外は移籍や退団・引退をしている

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました