瞳の中の暗殺者の映画は面白い?つまらないし微妙という感想・口コミをまとめ!

この記事は約4分で読めます。

数々のヒット作を生んでいる劇場版「名探偵コナン」シリーズ。

「映画だけは欠かさず観ているよ♪」という方も多いのではないでしょうか。

先日、劇場版名探偵コナンシリーズの人気投票が行われ、観たい映画第1位を獲得した「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」。

実際の口コミはどうなのか調べてみました。

そこで今回は「瞳の中の暗殺者」の評判、作品を観ての感想口コミをご紹介させて頂きたいと思います。

今作品を観る時の参考にしてみてください♪

スポンサーリンク

瞳の中の暗殺者のあらすじ

映画『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』は、劇場版「名探偵コナン』シリーズの第4作目の作品です。

パーティー会場でトイレにいた佐藤刑事と蘭が銃で撃たれてしまい、佐藤刑事は重体。

蘭は、佐藤刑事が撃たれたショックで記憶喪失に・・・。

蘭は犯人の顔を目撃していたため、犯人に命を狙われてしまいます。

コナンは蘭を犯人から守り、その犯人を捕まえることができるのか!!

名探偵コナン(瞳の中の暗殺者)

瞳の中の暗殺者の評判と口コミ

面白かった派の方の意見・感想まとめ

非の打ち所の無い映画だった。悪いところが一つも無かった。

DVD何回も借りて観ました。

定期的に観たくなるコナン史上最高傑作の作品だと思います。

ラストもスッキリして終わることが出来ます。

全然犯人分からなかった…

フーダニットのミステリー的面白さと、スケボー爆走&犯人からの逃亡劇のアクション要素がバランス良く楽しめる。

近年の劇場版と比べるとやはりかなり地味だが、本来ならば探偵映画はこれくらいがちょうどいいんじゃなかろうか。

面白かったという方の意見をまとめるとこのような感想でした。

評価が高いですね。

「犯人がわからなかった」という意見が多くみられました。

名探偵コナンは、元々推理をして犯人を見つけるのがメインのはず。

「犯人がわからない」というところが、評価の高いポイントとなっているのではないでしょうか。

また、作品終盤の新一のセリフがかっこいいという意見がかなり多かったです♪

微妙・つまらなかった派の意見・感想まとめ

眠りの小五郎の活躍が見れなかったのは残念…。

今作はヒロインが狙われるという設定以外事件そのものは、ミステリー映画としては何の意外性もなく、トリックとしてもチープで面白味が希薄だった。

遊園地のボートがあんなに速度出るわけないだろう的な「ありえなーい」面がちょっとありすぎて興ざめ。

ラストの緊迫感もさほどではない。

つまらないという方はあまりいませんでしたが、感想を読んでいると辛口意見はありました。

・名探偵コナンといえば「眠りの小五郎」ですが、その眠りのシーンが無いことが物足りない。

・意外性もなく、トリックも犯人もすぐにわかってしまった

重体の佐藤刑事が回復したシーンを見たかった。蘭ばかりがもてはやされすぎてつまらない

というような意見もありました。

スポンサーリンク

瞳の中の暗殺者を観た個人的な感想

改めて「瞳の中の暗殺者」を見返しましたが、昔のコナンは推理していたのになーという印象が強いです。

近年の名探偵コナンの映画は「爆発」がメインになっています。

しっかり推理をしているからこそ『名探偵』のコナンと言えるのに、

知恵をほとんど使わない超コナン人に変身している最近のコナンにはがっかりです。

昔の劇場版の方がコナンコナンしていて楽しめました。

たまには、昔のようなあまり爆発しない劇場版のコナンを見てみたいですね♪

それと、工藤新一の最後のセリフはクサすぎます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は映画「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」の評判・口コミや、作品を観ての感想をご紹介させていただきました。

劇場版コナンシリーズの最高傑作という方も多い「瞳の中の暗殺者」。

気になった方はぜひ観てみてくださいね♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました