おっさんずラブの映画は面白い?つまらないや微妙という感想・口コミをまとめ!

この記事は約5分で読めます。

2019年8月23日に映画「おっさんずラブ LOVE OR DEAD」が公開されました。

ドラマのおっさんずラブは面白かったですし、2018年流行語大賞トップ10に選ばれたり、
ネットで大きな話題を読んでいたので、早速映画館で観てきました。

映画「おっさんずラブ」は面白い?

それとも、つまらない?

今回は、映画「おっさんずラブ LOVE OR DEAD」の感想や世間の口コミ、評価を紹介させて頂きたいと思います。

参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

映画「おっさんずラブ」のあらすじ

永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田創一。

久しぶりに戻ってきた天空不動産東京第二営業所では、黒澤武蔵をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)も加わり春田を歓迎する。
そんな彼らの前に、天空不動産本社のプロジェクトチーム「Genius7」が突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、本社で新たにアジアを巻き込む一大プロジェクトが発足し、東京第二営業所にもその一翼を担うよう通告する。

その隣には、本社に異動しチームの一員となった牧凌太の姿も…。
何も知らされておらず動揺する春田だが、本社と営業所の確執が深まるほどに、牧との心の距離も開いてゆく。

一方、コンビを組むことになったジャスティスは兄のように春田を慕い、さらには黒澤もある事故がきっかけで突然“記憶喪失”に…!
しかも忘れたのは春田の存在のみ。…え、どゆこと?そんな記憶喪失あんの!?混乱する春田をよそに、黒澤は“生まれて初めて”春田と出会い、その胸に電流のような恋心を走らせてしまい…。

そんな中、天空不動産を揺るがす前代未聞の大事件が発生!それに巻き込まれた春田にも最大の危機が迫る。果たして、春田の運命は…!?

笑って泣けるこの夏最高のエンタテインメント!おっさんたちの愛の頂上決戦<ラブ・バトルロワイアル>が、ついに幕を開ける。

https://ossanslove-the-movie.com/about/#story
『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』予告【8.23 ROADSHOW】
おっさんずラブ 予告動画

映画「おっさんずラブ」の感想と口コミ

スポンサーリンク

面白い派(高評価)の意見・感想まとめ

◾️映画ならではのスケール、でもドラマと変わらないコメディとラブコメディの割合、
シリアス部分で切なすぎる部分もありましたが全て登場人物が持っている家庭、
夢の部分に繋がってて最高でした!

◾️劇場版はドラマを遥かに超えるものでした。いい意味で期待を裏切るとはよく言ったもの。
アクションと感動、コメディをうまく組み合わせられるものか?と思ってたけど、
うまい具合に泣かされた。そして笑った。

◾️真剣に演じられているコメディ要素と感動したりときめく部分のバランスが秀逸です。
笑いながら泣いていました。愛が溢れ、幸せで胸が満たされる映画です。
これは、一度観ないと損です。観に行ってよかったです。

面白かったという方の意見をまとめるとこのような感想でした。

笑い感動愛が溢れていて幸せな気分になれたという声が多くありました。
続編を期待している方も多いようですね♪

つまらない・微妙だった(低評価)の意見・感想まとめ

◾️ひとことで言うと「映画向きでは無かった」です。
家庭のテレビサイズでみるからこそ一人で或いは気心知れた者同士で見るからこそ、
最高に盛り上がったコンテンツだったと、映画が始まってすぐ確信しました。

◾️はっきり言って笑えるだけで中身が全くないと感じました。
登場人物の葛藤が全然描かれていない。これでは誰にも感情移入できません。
脚本が雑すぎますね。

◾️超豪華なキャストで壮大なコントを詰め込んだような印象。
ドラマでは登場人物みんなに共感してとても好きになりましたが、
映画ではあんまり好きになれずでした。

つまらない、面白くなかったという低評価の方の意見をまとめるとこのような感想でした。

ドラマが面白くて映画を観に行ったら期待値より下回っていた
120分弱の映画に内容を詰め込みすぎ。新キャストが追加されたがストーリーが雑に見えて
全体的に中途半端だったという方もいました。

おっさんずラブのキャスト一覧を確認したい方はこちらからご覧ください。

https://musa-blog.com/unclelove-1022/

スポンサーリンク

おっさんずラブを観ての個人的な感想

ドラマを見てない方でもある程度は楽しめる映画だとは思います。

途中までは笑えるシーンもあり、口コミや感想にもありましたが、
中盤くらいにあるシーンの吉田鋼太郎さんと林遣都さんのやり取りは面白かったです

ただ、主役の田中圭さんが絶叫してばかりで聞いていて疲れましたし、
ストーリーがグダグダでよくわかりませんでした。
久しぶりに映画を見ながら少し寝ちゃいました。(笑)

映画ではなく、テレビスペシャルでいい内容だったかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は映画「おっさんずラブ LOVE OR DEAD」の評判、感想と口コミをご紹介させていただきました。

おっさん同士のラブシーンだけでなく、笑えるシーンもたくさんあったので、
ドラマを観た事がない方でも楽しめる内容になっていると思います。

気になった方はぜひ映画館まで足を運んでみてください。

おっさんずラブの映画のキャスト・出演者一覧まとめ!新登場人物も相関図付きで関係を解説

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました