J3の得点王を歴代一覧まとめ!選手を画像付きで紹介!

この記事は約3分で読めます。

2014年に誕生したJ3リーグ。

J3リーグに所属しているクラブは、北から南まで幅広く様々な県にあります。

そのJ3で得点王を獲得した選手は、そのほとんどが当時は無名でしたが、J3での活躍によってJ1へステップアップしていった選手もいます。

そんなJ3リーグの得点王はだれが獲得していたのか、よくわからない人もいるかと思います。

そこで今回は、J3リーグの歴代得点王を一覧でまとめてみました。

参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

J3リーグの歴代得点王一覧

J3リーグの歴代得点王を年度の新しい順で紹介します。

※所属クラブは、得点王獲得時に在籍していたクラブです。

2020年:谷口海斗

生年月日 1995年9月7日
所属クラブ ロアッソ熊本
出場試合数 34試合
得点数 18得点

2019年:原大智(はらたいち)

生年月日 1999年5月5日
所属クラブ FC東京U-23
出場試合数 31試合
得点数 19得点

2018年:レオナルド・ナスシメント・ロペス・デ・ソウザ

生年月日 1997年5月28日
所属クラブ ガイナーレ鳥取
出場試合数 31試合
得点数 24得点

2017年:藤本憲明

生年月日 1989年8月19日
所属クラブ 鹿児島ユナイテッドFC
出場試合数 30試合
得点数 24得点

2016年:藤本憲明

生年月日 1989年8月19日
所属クラブ 鹿児島ユナイテッドFC
出場試合数 27試合
得点数 15得点

2015年:岸田和人

生年月日 1990年4月3日
所属クラブ レノファ山口FC
出場試合数 34試合
得点数 32得点

2014年:鈴木孝司

生年月日 1989年7月25日
所属クラブ FC町田ゼルビア
出場試合数 33試合
得点数 19得点

鈴木孝司選手・藤本憲明選手・レオナルド選手はJ3リーグで得点王を獲得した後、J1リーグへステップアップを果たしています。

2019年得点王の原大智選手は、2021年にクロアチアの「ノゴメトニ・クルブ・イストラ1961」へ移籍が決まりました。

このノゴメトニ・クルブ・イストラ1961というクラブには、○○ッチという名前の選手が多く所属しているチームですので、

ハラタイチもすぐに馴染めそうですね♪

まとめ

今回は、J3リーグの歴代得点王を一覧で紹介させていただきました。

新たなスターが毎年出現するJ3リーグ。

今年はどんな選手が得点ランキングに名を連ねるのか楽しみです。

来年のJ1リーグに個人昇格している選手もいるかもしれませんので、その辺も注目して見ていきましょう♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました