スポンサーリンク

キングダムの映画は面白い?つまらないしひどいという評価や感想まとめ

この記事は約9分で読めます。

2019年4月18日に公開された『キングダム』の実写映画は、

2019年に公開された実写邦画ランキング1位で、興行収入は57億円を超える大ヒット作となりました。

この『キングダム』の実写映画、面白いという方は非常に多いですが、

つまらないやひどいという感想も少なからずあるようですね。

今回は、映画『キングダム』の評価や感想について紹介させていただきます。

参考にしてみてくださいね。

ちなみに、原作は週刊ヤングジャンプで連載中の超人気漫画で、累計発行部数は8,700万部を超えています。

スポンサーリンク

映画『キングダム』のあらすじ

紀元前245年、中華西方の国・秦。戦災で親を失くした少年・信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、大将軍になる夢を抱きながら剣術の特訓に明け暮れていた。

やがて漂は王宮へと召し上げられるが、王の弟・成キョウ(本郷奏多)が仕掛けたクーデターによる戦いで致命傷を負う。
息を引き取る寸前の漂から渡された地図を頼りにある小屋へと向かった信は、
そこで王座を追われた漂とうり二つの王・エイ政(吉沢亮)と対面。

漂が彼の身代わりとなって殺されたのを知った信は、その後エイ政と共に王座を奪還するために戦うことになる。

https://movies.yahoo.co.jp/movie/365755/story/

映画『キングダム』の感想

『キングダムの実写映画』が面白いという感想・口コミをまとめました。

山崎賢人と吉沢亮がかっこいい




今作の主役である、山崎賢人さんと吉沢亮さんがかっこいいという感想がありました。

元々イケメンの2人ですが、演技中の姿や作品に対する情熱、表現の仕方など、

さまざまな角度から見て総合的に素晴らしく、それによってイケメン度が増したため、

カッコイイという評価になったのではないでしょうか。


脚本がしっかりしてる




脚本が素晴らしいという感想もありました。

マンガの原作を読んでいる方からも高評価が多かったです。

原作のキャラとキャストがマッチしているというのも、高評価のようです。

「似ている」「再現度が高い」などといった意見が多く、感想を見ても多くの人が面白かったと言っています。

実写映画にした場合、原作ファンから火だるまにされる映画は数えきれないくらいありますが、

『キングダム』の実写映画に関しては、そういった心配はなさそうですね。

アクションがすごい








アクションがすごく、面白かったという評価もありました。

特に評価が高かったのが、左慈を演じた坂口拓さん

坂口さんの殺陣の動きに絶賛の声が多数ありました。

坂口さんの殺陣シーンだけでも見る価値がありそうですね!




『つまらない』・『ひどい』という感想

『キングダムの実写映画』がつまらない、ひどいという感想・口コミをまとめました。

キャラクターが微妙







キャストが微妙だったという感想がありました。

原作を読んでいたりすると、「イメージと違う」と感じたりすることがあるのでしょうね。

大沢たかおさんが演じた王騎、役作りは素晴らしかったけど、

王騎の圧倒的な強さや迫力を表現するには物足りなさを感じたという感想もありました。


山崎賢人がうるさい








主役の山崎賢人さんがうるさいという意見が多数ありました。

・ただ騒いでるだけで抑揚感がない
・原作のキャラに寄せたつもりがそれ以上にうるさかった
・威勢が良すぎてうるさい

など、なかなか厳しい感想も見られました。

「かっこいい」と言われたり「うるさい」と言われたりする主人公。

演じるのも大変ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、映画「キングダム」の口コミ・感想について紹介させていただきました。

面白いという感想は
・山崎賢人と吉沢亮がかっこいい
・脚本がしっかりしてる
・アクションがすごい

つまらない、ひどいという感想は
・キャラクターが微妙
・山崎賢人がうるさい

という口コミがありました。

前評判よりは良い出来で、結構高評価でした。

DVDはすでに発売されているので気になった方は観てみてください。


最後まで読んでいただいてありがとうございました!

映画
スポンサーリンク
シェアをしていただけると嬉しいです^^
アラフォー奮闘記
タイトルとURLをコピーしました