スポンサーリンク

【千葉市】粗大ゴミを持ち込んで廃棄する時の出し方について紹介!場所や料金についても

この記事は約7分で読めます。

 粗大ゴミを持ち込みで捨てるのってよくわからないし不安ですよね。

どうやって出せばいいの?

必要なものは?

料金はどれくらいかかるの?

などなど。

今回は、千葉市のゴミ廃棄施設に粗大ゴミを持ち込んで廃棄する時の出し方について紹介します。

紹介するのは以下3箇所です。

・新浜リサイクルセンター

・新港クリーン・エネルギーセンター

・花見川・稲毛環境事業所

なぜ、この3箇所なのか・・・。

実は、先日この3箇所のゴミ廃棄施設に粗大ゴミを持ち込んで廃棄してきましたー♪
(花見川・稲毛環境事業所は行っただけですけど・・・)

割とホットな情報ですので、これから粗大ゴミを廃棄しようと考えている方の参考になると思います。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

新浜リサイクルセンター

新浜リサイクルセンターは「粗大ゴミ・不燃ゴミ」の廃棄が出来ます。

可燃ゴミは捨てることができないので、間違わないようにしましょう。

新浜リサイクルセンターはどこから入るの?

新浜リサイクルセンターは、カーナビとかGoogle Map(地図)に表示される3kmくらい手前に受付があります

これ結構わかりづらかったです・・・汗

受付の目印になるのは踏切ですかね。

受付(高速道路の料金所みたいな箱)にいるおじさんに入り方を聞いたら、

左側にある受付で通門証(白い紙)をもらってから入ってください」と言われました。

新浜リサイクルセンター通門証

受付をした後、新浜リサイクルセンターの処理場まで行くことになりますが、道がならされてないので車がかなり揺れます

走るときのスピードは落とした方がいいです。

ゴミを持ち込んで捨てる時に必要な情報

新浜リサイクルセンター処分指示書

受付で【環境局処分地使用指示書(粗大・不燃用)】(複写式の紙)に以下の情報を書きます。

・住所
・名前
・電話番号
・搬入車両番号(ナンバーすべて)
・処分するゴミ
→カラーボックス、テーブル、イスなどざっくりした書き方でOKです。詳細に書く必要はありませんでした。

環境局処分地使用指示書に必要事項を書いたら、入口でもらった白い用紙に捺印をしてもらいます。

必要なもの

新浜リサイクルセンターでゴミを廃棄する際に必要なものは下記2点です。

・住所が確認できる物(運転免許証など)
・現金

ゴミを廃棄する際には、身分証明書が必要になります。

清掃施設にゴミを持ち込まれる場合、処分地使用申請書を記入し受付けます。その際、持ち込まれた方と処分地使用申請書に記載された搬入者が同一人であることを確認するため、その場で身分証明書(運転免許証等)の提示をお願いします。

引用元:千葉市ホームページ


支払いは現金のみ
となっています。ホームページにも記載がありました。

なお、自己搬入は有料となります(支払いは現金のみ)。

引用元:千葉市ホームページ

新浜リサイクルセンターのゴミ処理の金額は「10kgまでごとに270円(消費税別)」になっています。

持ち込んだゴミは千葉市指定のゴミ袋に入れる必要がある?

ゴミを捨てるときは千葉市指定のゴミ袋(緑色)である必要はないです。

ホームページにも「指定袋に入れる必要はありません。」と記載があります。

ただ、施設職員の方にゴミ袋の中身を確認してもらうときになるべく時間がかからないようにするため、ゴミ袋はなるべく中身が見えるものにしましょう。

その方が親切ですよ♪

受付をした後のゴミを捨てるまでの流れ

受付後のゴミを捨てる流れを簡単に紹介します。

1.「ゴミ計量機」で車を止める
2.廃棄処理場まで移動する
3.ゴミを捨てる
4.廃棄処理場を出て「ゴミ計量機」で車を止める
5.廃棄料金を支払う
6.出口で通門証を渡して終わり

1.順番が来たら受付の左側、銀色(灰色)のエリアの「ゴミ計量機」で車を止める。車の重量&処分するゴミの量をはかるためです。

2.案内(オレンジ色)の矢印が道路に書かれているので、それに従って廃棄処理場まで移動する。

3廃棄処理場に施設職員の方がいます。

捨てられるか捨てられないか分からない場合は施設職員の方に判断してもらいましょう。
※捨てられない場合、ゴミは持って帰る or 他の処理場で捨てることになります。

ちなみに、廃棄処理場の中にトイレがあり借りることができます。施設職員の人に一声かけてから借りましょう。

4.ゴミを捨て終わったら、処理場を出て入った時と逆側の「ゴミ計量機」に車を乗せます。

5.ゴミを捨てる前と捨てた後の重量から廃棄料金が算出されます。
※捨てた量で金額が変わります。

新浜リサイクルセンター領収書

僕の捨てたゴミの総重量は90kgでしたので2,670円でした。

下1桁の端数は切り捨てになるみたいですね♪

受付で金額を言われるので現金で支払います。

すべて終えたら、3Km先の受付(高速道路の料金所みたいな箱)まで戻り、通門証を渡して終わりです。

ふーっ!お疲れさまでした♪

新港クリーンエネルギーセンター

新港クリーンエネルギーセンターでは「布団・カーペット・可燃ゴミ」の廃棄が出来ます。

こちらでは、不燃ゴミや粗大ゴミを捨てることはできません。

基本的な流れは新浜リサイクルセンターと同じ
ですが、新港クリーンエネルギーセンターは通門証はありませんので、スムーズに受付まで行くことができます。

環境局処分地使用指示書(可燃用)にご自分の情報を記載して提出します。

新港クリーンエネルギーセンター指示書

違うところは、受付が3Km手前ではなく施設内にあることと、受付のおじさんが無愛想だったところですかね(笑)

新港クリーンエネルギーセンターでは、「可燃ゴミやカーペット」を捨てることができます。

料金も新浜リサイクルセンターと同額の「10kgまでごとに270円(消費税別)」となっています。

新港クリーンエネルギーセンター領収書

新浜リサイクルセンターも新港クリーンエネルギーセンターも、営業時間は【月曜日~金曜日 13時00分~16時00分】です。

平日の午前中と土日祝は開いてないので、行く場合は曜日と時間に気を付けてください。

スポンサーリンク

花見川・稲毛環境事業所

この花見川・稲毛環境事業所に1番最初に行ったんですが、実は手続きをする前に職員さんに止められました(笑)

非常に親切な職員さんでした。

職員のおじさんが僕が廃棄しようとしているゴミの量を見て

「かなり多いねぇ。これだけの量を捨てると結構良いものが食べられるくらい廃棄の料金がかかっちゃうよ。」

と言われたためです。

それと、10点以上は捨てられないらしいので上記2つの施設を案内されました。

料金がかかる理由は、「1点ごとに処理手数料が取られるから」だそうです。

ホームページにも書いてありますが、

中央・美浜環境事業所

花見川・稲毛環境事業所

若葉・緑環境事業所

上記3つの施設で廃棄処理をする場合、重さではなく品目ごとに料金が掛かると記載があります。

品目に応じた4段階

390円

780円

1,170円

1,560円

※処理手数料はこちらからご覧ください。

なので、廃棄する品数が多い場合は、環境事業所ではなくリサイクルセンターやクリーンセンターに持ち込んだ方が安く済みます。

車だと20〜30分くらいドライブすれば行ける距離ですし、そこまで遠くないですよ♪

千葉市に住んでいなくても持ち込んでゴミを捨てることはできる?

千葉市に住んでいなければ、ゴミを持ち込んで捨てることはできないです。

新浜リサイクルセンター・新港クリーンエネルギーセンターのページに「千葉市内の家庭(および事業所)のみ」と記載がありました。

ですので、千葉市以外に住んでいる方はゴミを持ち込んでも捨てることはできません。

引越し、大掃除などに伴い千葉市内の家庭のみから排出される一時的な多量の不燃ごみ及び粗大ごみ(布団・カーペット類を除く)が対象です。

URL:千葉市ホームページ

ただし、千葉市内在住の親族宅のゴミは代理で捨てることは可能なようです。

ごみ等の排出者である市民の本人が同行できない場合は、清掃施設での受付の際、ごみを代わりに持ち込まれる方の身分証明書(免許証や健康保険証等)及び排出者である市民本人の方の身分がわかるもの(身分証明書の写しや公共料金の領収書等)を提示いただければ、持ち込むことができます。

URL:千葉市ホームページ

ゴミを持ち込む本人の身分証明書と、千葉市在住の方の身分証明書があれば捨てられるみたいですね。

スポンサーリンク

まとめ:ゴミを持ち込みで廃棄するときは現金を持っていきましょう

今回は、千葉市のゴミ廃棄施設に粗大ゴミを持ち込んで廃棄する時の出し方について紹介しました。

ゴミを廃棄処理場に持ち込んで捨てるときに気を付ける点は、

・支払いは現金のみ

・自分の住んでいる市(区)じゃないと捨てられない

といったところになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

生活体験談
スポンサーリンク
シェアをしていただけると嬉しいです^^
アラフォー奮闘記
タイトルとURLをコピーしました