スポンサーリンク

ダンブルドアの秘密のあらすじネタバレ感想【ティナは出ない?】

ハリーポッター

2022年4月8日にファンタスティックビーストシリーズの最新作がいよいよ公開となります!

前作から約4年ぶり、ファンタビファン待望の続編です♪

今作のタイトルは「ダンブルドアの秘密」

今まで明かされることのなかった謎が解禁になるらしいですよ!?

予告を観ると、あまり前線で戦うイメージのないダンブルドアが

がっつり杖をぶん回して魔法使ってますね。

ダンブルドア推しとしては嬉しい♪

しかもマグルのジェイコブが杖をもってる展開は超斬新じゃないですか!

そして、ティナが今作では公式ホームページにも予告にも登場していません

ファンタビ1・2のメインキャラクターだったので、

こちらも気になっている方は多いのではないでしょうか。

また、グリンデルバルド役がジョニー・デップさんからマッツ・ミケルセンさんへ変更となりました。

新生グリンデルバルドが、どのような仕上がりか楽しみです!

ということで、さっそく『ファンタスティックビーストダンブルドアの秘密』を観に行ってきたので

感想を書いてみました。

※この感想はネタバレを含みます。未視聴の方はご注意ください。


スポンサーリンク

映画『ファンタスティックビーストとダンブルドアの秘密』のあらすじ

グリンデルバルドは、クリーデンスを使って生まれたばかりのキリンの赤ちゃんを手に入れた後、

すぐに殺してしまいます。

キリンには「魂を見抜く力がある」とされており、今まさに行われている国際魔法連盟の議長選に用いられる予定でした。

グリンデルバルドは殺したキリンを使って世間をあざむき、国際魔法連盟議長になり権力を得ようと企みます。

しかし、キリンは双子でもう一匹は生きていました。

ダンブルドアは、残り一匹のキリンを議長決定の場であるブータンに連れていこうとします。

そこで、ニュートやジェイコブなど寄せ集めのデコボコチームを結成しました。

グリンデルバルドの計画を阻止するために。

映画『ファンタスティックビーストとダンブルドアの秘密』を観た感想

※この感想はネタバレを含みます。未視聴の方はご注意ください。
純粋に映画だけを観た感想です。感じたままに書いているので悪しからず。

うーん、つまらなくはなかったけど、面白いか聞かれると微妙なところ・・。

ファンタビならではの魔法動物や魔法生物の活躍が結構楽しみなんだけど、

今作は人間模様の方がメインでちょっと印象が薄かったのが残念。

ピケットやテディは大活躍だったけど、

個人的には前作のズーウーみたいなダイナミックな魔法動物見たかったなー!

マグルのジェイコブが杖をもらう展開はワクワクしたけど、

マグルであることを隠すためのただのカモフラージュだったのね・・・。

でもユーラリーが「ジェイコブが魔法使った風」に魔法使ってたシーンは

マグルとしては超羨ましかったなー!

ユーラリーの防衛魔法はかっこよくて最高だった!ユーラリー好き。

まあ魔法は使えなくても、

体張ってクイニーを取り戻すジェイコブはかっこよかった。

なにより一番の衝撃は、ダンブルドアとグリンデルバルドが昔恋仲だったこと

風のうわさで聞いたことあるけど「まさかー」って思ってたら本当だったんだ!

血の契約は「裏切るなよ?」っていう束縛の結果だったなんて・・・。

じゃあグリンデルバルドは裏切られた腹いせに暴れてるってこと?

最後一人で姿を消す時のグリンデルバルドの表情が切なかったな・・・。

悪役なんだけど、グリンデルバルドは少し同情してしまう・・・。

ハリポタのヴォルデモートは絶対的な悪!敵!って感じだったから新鮮。

2人の間に何があったのか気になるー。

なにこれ恋愛映画!?!?

そしてクリーデンスとクイニーが意外とあっさり戻ってきたことは予想外だった。

もう少し関係がこじれていくのかと思ったけど、

2人とも求めていたものを手に入れてめでたしめでたしって感じなのかな。

敵にしたらやっかいそうな2人がグリンデルバルドと離れて、

話終わっちゃうの?って焦ったけど、

また予想外の手段で攻撃してくるんだろうかー。

新章の始まりみたいだし、仲間も新しく探すのかな。

敵がグリンデルバルドの時点で、主人公はダンブルドアじゃない?

スポンサーリンク

映画『ファンタスティックビーストとダンブルドアの秘密』にティナは出ない?

公式ホームページにも予告にも登場しなかったティナですが、

結論から言うと最後に少しだけ出てます

映画の最後にクイニーとジェイコブの結婚式のシーンで登場しました。

ティナ役のキャサリン・ウォーターストンがワールドプレミアで

「ネタバレになるから何も言えない」とコメントしていたそうですが、

たしかにネタバレになっちゃいますね。

ティナファンは残念ですね、次回作に期待です。

最後に

ファンタビって実は大人向けのストーリーなんですねー。

マッツ・ミケルセンさんの新生グリンデルバルド、個人的に好きでした。

前作とはいい意味で全く別の、新しいグリンデルバルドになってました!

気になる人は確かめてみてください♪

にしても初見だとキリンがキリンと分かるまで時間がかかりました。

ずっと馬だと思ってた・・・。

字幕を追うのに必死になるのが嫌だったので吹き替え版で観たんですけど、

字幕版で観ればよかったと後悔しています。

前作を字幕版で観たので慣れるまで違和感ありまくりでした。

どっちかに揃えるべきですね。

以上、映画『ファンタスティックビーストダンブルドアの秘密』の感想でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生の感想も書いてまーす。

映画
スポンサーリンク
シェアをしていただけると嬉しいです^^
アラフォー奮闘記
タイトルとURLをコピーしました