スポンサーリンク

【コープ以外】離乳食作りにおすすめ!スーパーで買える市販品10選

離乳食を一から手作りするのって大変ですよね。

栄養も大事だし、どれだけ時短できるかも重要なポイント!

離乳食作りに使える便利な商品を抑えておいて損はないです。が、

 

ネットで調べると、コープの商品ばっかり!

 

我が家はコープを利用してないし、利用する予定もないので参考にならない・・・。

『コープに頼らず、いつもの買い物のついでに買えるものがいい!』と思いました。

そこで、色々試してみて今は全てスーパーやイオンで買える市販品を愛用中です。

今回は私が使っている、離乳食作りに使える便利食材10選を紹介します。

コープはやってない
時短できるアイテムが知りたい
手軽に手に入るものを探してる

そんな人にオススメです♪参考にしてみてくださいね。

スーパーで買える市販品

 

スーパーによって置いてるものが違ったりすると思うので、

こういう商品があるよーっていうひとつの参考になったら幸いです!

①豆皿豆腐
②きな粉
③粉末タイプの高野豆腐
④オートミール
⑤青のり

こちらの5つを紹介します。

豆皿豆腐

 

男前豆腐店の豆皿豆腐は、35gずつの小分けパックになっています。

スーパーで見つけたらラッキー!な離乳食にちょうどいい豆腐。

豆腐は初期からあげられて調理しやすく使いやすい食材ですが、冷凍に不向きなのが残念ですよね。

豆皿豆腐がなくても、最近は80gや50gの小分けパックも見かけます!

男前豆腐店の京の石畳は50gの小分けパックなので、

離乳食の量が増えてくる中期頃からはこちらもオススメです♪

 

 

きな粉

 

きな粉は手軽にタンパク質や鉄分が摂れる優秀な食材!

初期から使えて、おかゆ・パン・ヨーグルトなど色んな食材と相性が良いです◎

初期の頃、食べるのを嫌がった時もきな粉をかければ食べてくれることも多くて重宝しました!

きな粉のフレンチトーストは簡単なのに栄養満点で、うちの子も大好きです♪

メーカーにこだわりはないですが、原材料が大豆のみの無添加の物を選んでいます!

高野豆腐

 

7~8か月頃から食べられる高野豆腐。

タンパク質と鉄分が豊富な高野豆腐は、粉末の物が楽でオススメ

粉末の物がなくても、おろし金などで粉々にしておくと使いやすいですよー!

煮たりレンジでチンしたりしても使えるし、

粉末をお湯でふやかすとトロトロになるのでとろみ付けにも便利♪

オートミール

 

栄養価が高く、精白米に比べてタンパク質は約2倍、鉄は約5倍、カルシウムは約9倍も含まれているそう!

離乳食初期~中期の頃は、オートミールのおかゆにきな粉を混ぜたやつが朝食の定番でした。

手づかみが大好きなので、1歳を過ぎた今もよくおやきにして食べます!

片栗粉や小麦粉がなくても固まってくれるので楽ちんです♪

フルーツやきな粉などの甘い物にも合いますし、野菜などと一緒におかず系にしても美味しい!

レシピも豊富でマネしやすいし、アレンジ自在でかなり優秀な食材です。

実際にこんな感じで使ってます♪
詳しくはこちら↓

オーガニックピュアオートミールを使ったおすすめの離乳食を6つ紹介



 

三島の青のり

 

香りも彩りもよくなるし、手軽に鉄分が摂れます。食べやすさも◎

ちょっとお高いんですが、離乳食用ならそんなに減らないしコスパは良いです。

混ぜご飯が嫌いなうちの子も、青のりをかけたご飯は大好き!




イオントップバリュ

 

紹介する商品全て冷凍なので、まとめ買いすることが多いです♪

①すりつぶし栗かぼちゃ
②うらごしじゃがいも
③お米のかわりに食べるシリーズ

こちらの3つを紹介します。

 

すりつぶし栗かぼちゃ

 

解凍するだけで使えて、下処理の手間がいらない超時短アイテム!

かぼちゃは甘味があるので赤ちゃんも食べやすい食材ですよね。

レシピも豊富で、まとまりやすいのでおやきにも使いやすい食材です。

この商品は皮が入っているので最初は注意が必要ですが、皮にも栄養が多く含まれているそうですよ♪

うらごしじゃがいも

※写真がなくてすみません。

こちらもかぼちゃと同様、下処理の手間がいらない超時短アイテムです!

じゃがいもは片栗粉いらずなので、手づかみ食べの時期にはストックしておくと安心♪

離乳食に限らず我が家も普段からよく使う食材なので、

子供にも小さいうちから食べ慣れておいてほしくてよく食べさせています。

解凍してすぐ使えるのはかなり便利です。

お米のかわりに食べるシリーズ

 

「お米のかわりに食べる」のシリーズは、

ブロッコリー/カリフラワー/3種の彩り野菜(カリフラワー・にんじん・ほうれん草)があります。

みじん切りの手間が省ける超時短アイテム。

個人的に下処理が面倒なほうれん草が入ってるのが嬉しい!

炊飯器でかぶるくらいの水を入れて炊くだけで、簡単に野菜ミックスの完成です。

お米くらい小さくカットされているのが離乳食で使いやすくて嬉しい♪

 

ベビーフード

ベビーフードはスーパーやドラッグストアにも置いてる事が多いので、手に入れやすさが◎

①米がゆ粉末
②とろみのもと
③そのまま食材

こちらの3つを紹介します。全て和光堂の商品です!

米がゆ粉末

 

 

 

こちらはお粥のストックがない時の救世主です!持っておくと安心。

お米を全く食べない時期があって、手作りに心折れた時期に助けられました。(笑)

おかゆも水の量とかが結構むずかしかったりしますよね。

お湯ですぐ作れるし、硬さを調整できるのもありがたい♪

とろみのもと

 

とろみ付けは離乳食の鉄板!いちいち水溶き片栗粉を用意するのは面倒!

簡単にとろみがつくので便利です。大容量がオススメ◎

火にかけたりチンしたりする手間がいらないので、超簡単です。

 

 

そのまま食材

 

7ヶ月頃から・9ヶ月頃から・12か月頃からの物が各2種類ずつあります。

下処理済みの野菜やお肉が素材のみ入っているので、そのままでもアレンジしてもOK

味付けや食べ方を子供に合わせられるのが嬉しい♪常にストックしてます。

 

まとめ

今回は離乳食づくりで使える便利食材を

「スーパー」「トップバリュ商品」「ベビーフード」に分けて紹介しました!

「スーパー」 「トップバリュ商品」 「ベビーフード」
豆皿豆腐
きな粉
高野豆腐
オートミール
青のり
うらごしじゃがいも/すりつぶし栗かぼちゃ
お米のかわりに食べるシリーズ
米がゆ粉末
とろみのもと
そのまま食材

 

【オートミール】と【きな粉】は特にオススメです!

初期の頃から使えて栄養満点ですし、色んな食べ方ができるので便利ですよ。

離乳食って、作っても全部食べてもらえなかったりするとテンション下がりますよね。

子供の気分もあるので、食べるか食べないか毎回かけ!(笑)

全部食べてないんなら、少しでも楽をして作りたい時もあると思います。

今回紹介した商品たちはどれも手軽に入手できるので、参考になったら嬉しいです♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!







子育て
スポンサーリンク
シェアをしていただけると嬉しいです^^
アラフォー奮闘記
タイトルとURLをコピーしました